【騙されないで】
岡⽥ようすけ
印税⻑者で毎⽉120万円は本当か。

kindleに本を出版して印税で儲ける
ためのノウハウ提供案件です。

岡⽥ようすけ 印税⻑者
【⽬次】

1.岡⽥ようすけ 印税⻑者
概要
2.岡⽥ようすけ 印税⻑者とは?
1.3. 岡⽥ようすけ 印税⻑者は誇⼤表現だらけ

1.岡⽥ようすけ 印税⻑者
概要

インフォプレナー名 岡⽥ようすけ
案件名 印税⻑者
販売会社 株式会社ライフ
所在地 北海道函館市北美原2丁⽬6-12
電話番号
メールアドレス okada●inzei-chouja.com
URL
https://inzei-chouja.com/lp/akn01490/
https://inzei-chouja.com/lp/bck74921/
https://inzei-chouja.com/lp/dsz29475/
備考

2.岡⽥ようすけ 印税⻑者とは?

kindleに本を出版して印税で儲ける
ためのノウハウ提供案件です。

印税で稼ぐとありますが、
印税と⾔ったら、
本や曲の印税ということです。

しかし、書籍の出版や曲の作曲は
相当な実力と時間や運も大いに必要です。

初心者や誰でも稼ぐというのは宝くじの一等当選より
難しいと思います。

「印税長者」は、
これまで196名が実践し、
週1回、たった30分の作業だけで、
毎月平均120万円を稼ぎ続けている
と謳っています。

毎⽉120万円の収⼊・・・
⾦額⾃体超⾼額ですし、固定の額を提⽰しています。

誰でも毎⽉120万円の印税
信憑性がありません。

岡⽥ようすけ⽒の印税⻑者は、196名が実践
そして、稼ぎ続けているそうです。

稼ぎ続けている。

もう一度言います。

稼ぎ続けている。

誇大広告にもほどがあります。

そもそも
あらかじめ⽤意されているネタを選んで
そのまま使うだけで本を出版

そんな素人の本
誰が買うのでしょう。

またkindleで出版する上で注意すべき点
Amazonが運営する自費出版サービスを
「KDP」といいます。

「KDP」のサービスを利用すれば、
Amazonのサイト上で自作の電子書籍を
出版することができます。

通常、個人で紙の出版を行う場合は、
自費出版になることがほとんどです。

出版社経由で自費出版する場合、
細かな条件の違いもありますが、
約200万円位の資金を用意する必要があります。

200万円です。
もう一度言います。
200万円です。

さらに
仮に500円の本を出版して、
70%の印税率(ロイヤリティ)の場合、
1冊売り上げて350円の印税収入です。

つまり、120万円の毎月の収入となれば、
約3,500冊の本が売れなければなりません。

流⽯にそんな⽢い世界ではないですし、
そんな素⼈が書いた本を誰が買うのでしょうか?

スキームとしてかなり⾮現実的です。2020/6/18 【詐欺濃厚】岡⽥ようすけ 印税⻑者で毎⽉120万円は不可能なのか︖ | 情報商材特捜部
https://info-tokusoubu.com/inzei/ 8/27
岡⽥ようすけ 印税⻑者
あらかじめ⽤意されているネタを選んでそのまま使うだけで本を出版できるようです。これは流
⽯に嘘だと思います。
流⽯にそんな⽢い世界ではないですし、そんな素⼈が書いた本を誰が買うのでしょうか?今の
所、スキームとしてかなり⾮現実的です。

世の中に「絶対儲かる」なんていう投資は
存在しませんよ。

「元本保証」「絶対儲かる」
「誰にでも利益がある」
なんて甘い言葉に
騙されてはだめです!

甘い言葉にご用心してください。