【騙されないで】’7.29藤原誠 TELEMONEY(テレマネー)

こんにちは!


コロナウイルスの感染拡大が収まりません。

出勤する電車も満員で本当に不安になりますね。

テレワークで職場に行かなくてもいい方は羨ましいですが、

少なくとも私がt通勤する電車は結構混んでいます。


人材系シンクタンクのパーソル総合研究所(東京・千代田)が

5月末から6月始めにかけて正社員に

「現在の働き方」についてアンケートしたところ、

全国のテレワーク実施率は25.7%ということです。




働き方も今まで当たり前だと思っていたことにも

疑問が湧いてきたり、

家族でいる時間が多かったせいもあり

在宅で収入が得られたらいいなあと

考える人も増えたのではないでしょうか。


そんな中、ネットで検索すると

収入が得られる方法や副業・投資

といったものが数多くヒットします。

でも、あまりにも多い情報や口コミ・評判に

不安になりますよね。




• ネットビジネスって、怪しい!?

• ほとんどが詐欺!?

• ネットビジネスを信じる根拠がほしい!!


今回は、


藤原誠『TELEMONEY(テレマネー)』について

見ていきたいと思います。

3分あれば1万円稼げる!
1件の電話で1万円の報酬

という魅力的な謳い文句が並べられている

案件がネット上紹介されているので、

心に留めた人も多いのではないでしょうか。


ネット上には

多くの商材が溢れていますが、

「楽して」「稼げる」系の情報に騙されて痛い目に合う人が

少なくありません。


また、怪しいからと詐欺と決めつけて、

思い込みや評判に左右され、

お得な情報をとr逃がしてしまうのもとても残念なことです。


登録する前に、

当サイトをお読みいただければと思います。

副業案件の気になる情報を、

客観的に、時には実際に登録してみて内容を検証します。

是非、参考にしていただければ幸いです。



【目次】
1.藤原誠『TELEMONEY(テレマネー)』概要
2.藤原誠『TELEMONEY(テレマネー)』内容
(1)LPを分析

(2)ビジネスモデルは?


3.藤原誠『TELEMONEY(テレマネー)』まとめ


==========

1.藤原誠『TELEMONEY(テレマネー)』概要
==========



では、特商法からみていきましょう。


特商法とは、「特定商取引法」の略称です。

特定商取引法は、事業者による違法・悪質な勧誘行為等を防止し、

消費者の利益を守ることを目的とする法律です。



特定商取引法に基づく表記には以下の表記が必須ですので、

この6項目はしっかり見ていきましょう。

• 事業者の氏名(名称)・住所・電話番号表示の義務

• 誇大広告などは禁止

• 未承諾者に対する電子メール広告の提供の禁止

• 前払い式通信販売の場合は承諾の通知の義務

• 契約解除に伴う債務不履行の禁止

• 顧客の意に反して申込みをさせようとする行為は禁止


販売元の信頼性の確認になる部分です。




fujiwara@tele-money.com
事業者 TELEMONEY テレマネー
代表者 藤原誠
URL fujiwara@tele-money.com
住所 東京都練馬区中村北4-7-1






住所を調べてみると、賃貸の住居用の集合住宅です。

住居用の住宅であるので、事務所としての登記使用はできないので

事業者「TEREMONEY テレマネー」とはなっていますが、

「藤原 誠氏」の個人で販売がされているものでしょう。



そして、電話番号やメールの記載がないというのでは、

この案件に参加して万が一のことがあったときに

電話番号も分からないのでは「連絡」や「問い合わせ」もできません。



トラブルがあったとしてもアフターケアは期待できませんので

関わらないようにしましょう。




==========

2.藤原誠『TELEMONEY(テレマネー)』内容
==========



(1)LPを分析


TELEMONEY(テレマネー)藤原誠というオファーは

本当に優良で再現性の高い案件なのでしょうか?


LPには

3分あれば1万円稼げる!
1件の電話で1万円の報酬


と書かれています。

収入について内容が含まれていることから

短時間収入の副業オファーであることが分かります。



ところでLPとは???

「様々なネット広告やリンクを

クリックした際に表示される、

サイトを含むWebページ全般」を指す言葉で、

LP、ランペ、などとも呼ばれます。



もう少し、

藤原誠『TELEMONEY(テレマネー)』の

ランディングページを詳しく確認してみましょう。




・人の話を聞くだけで現金があなたのものに!?

・在宅で実現可能な新時代ビジネス

・実績者の数は350名以上

・1件の電話で1万円の報酬を稼ぐことが可能。

・3分で1万円参加者全員稼いでいる

・TELEMONEY(テレマネー)ではツールを使った完全自動集客

とあります。


なぜ人の話を聞くだけで1件1万円もの報酬を得られるのか?

新ビジネスというのは一体何か?

すでに350人もの方が参加し、そのすべてが利益を得られているというのはどういうことか?

この案件自体の利益還元の仕組みは詳細が一切語られていません。

本当にこのようなことが可能なのでしょうか?



いくら何でも3分で1万円などという収入を

得られるなどという高単価なビジネスは常識的にはあり得ません。



たとえば、投資で思いつくのは株やFXでしょう。

初心者がむやみに手を出せば痛い目に合うのは当然です。


株の平均リターンは日本でも、

世界でも7%前後だというデータがあります。

たとえば、今すぐに投資に回せるお金が10万円があっとしても、

1年間株で運用しても平均して7千円くらいしか儲けられないです。

1万すら儲けられません。



この藤原誠『TELEMONEY(テレマネー)』では、

3分で1万円と謳っているわけですから、

驚異的な数字です。


こういう誇張表現で消費者を煽るような案件は、

LINEやメールの登録を迫り、そのあと高額ツールなどを

売りつけるような場合が非常に多いです。




後日悪質なバックエンドへ誘導することが目的であり、

段階的に金銭、個人情報などを要求してくる可能性が高いです。

 
新たに情報、追加動画が送られてきたとしても、

その内容は信ぴょう性に乏しく、真偽についても疑わしいため、

信用するのは大変危険です。



(2)ビジネスモデルは?


藤原誠『TELEMONEY(テレマネー)』のビジネスモデルは、

登録してみて初めて判明します!



藤原誠『TELEMONEY(テレマネー)』のビジネスモデルは、

リスニングスタッフでした。

電話受付といっても、

一方的にお客様の話を聞くだけでいいということです。



ネットで「リスニングスタッフ」と検索すると

多くの求人募集がかけられています。



が、大体時給1,500円から1,700円

それでも高額バイトとのようです。


藤原誠『TELEMONEY(テレマネー)』では、

⼈の悩みを聞いて3分で1万円・・・



冷静に考えて、お悩み相談の電話で、

3分1万円も払う⼈なんていないでしょう。


カウンセラーや専門の精神科、

あるいは弁護士ならば話は変わってきますが。


誇⼤表現にもほどがあるので、詐欺と判断して間違いないです。




==========

3.藤原誠『TELEMONEY(テレマネー)』まとめ
==========



世の中に出回っている副業案件

ネットビジネスオファーは、

残念ながら稼げないものがほとんどです。



稼げないものだけではなく、

なかには詐欺まがいの案件も非常に多くあり、

とくに初心者の被害が後を絶ちません。


むやみやたらに稼げる案件を探しても、

優良な案件を見つけることは至難の業です。





藤原誠『TELEMONEY(テレマネー)』は

電話を受けるだけで1万円というビジネスモデルということでした。



しかし、どのようなターゲットを対象にして働きかけるのかわかりませんが

毎日、何のスキルもない人に電話などかかってくるのでしょうか。



しかも、電話であることから

いつかかってくるかもわからないし、

相手のいることなので本当に1分で話が終了するのかもわかりません。


さらに、システム使用料として数十万単位のお金が必要のようです。


簡単に稼げます!

という言葉には警戒してください。






リクルートワークス研究所の調査によれば、



失業による自殺者は増加し、

2021年には自殺者は4万人以上となる可能性すらある。

としています。



収入の減少を理由に命を絶つ人が

こんなにたくさんいるのに

そんな簡単に「稼げる」話などあるわけないです。



焦りは禁物です。

今の生活を変えたい、

収入の柱を増やしたいと思って

行動していることは素晴らしいことです。



まずは正しい情報を手に入れ、

ご自分で冷静な判断ができるようになり

本物を探してください。




最後まで読んでいただき、ありがとうございました。