’20/8/11 【稼げる︖】
鈴⽊正⾏(加藤⾏俊)の
  在宅中国貿易ビジネスセミナー


こんにちは
今日も暑いですね。

突然ですが、皆さんは
「パレートの法則」ってご存知ですか。

2対8の法則とも言い、

この法則は、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「すべての富の8割を、人口のトップ2割だけで所有している」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

というものです。






仕事だけでなく、勉強や成功事例のあらゆる場面で


~~~~~~~~~~~~~~~~~~
原因の2割が結果の8割になっている
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という意味で使われています。


を表す経験則です。



つまり、


「上位2割の顧客が、売上の8割を作り出す」

「教科書の重要なところ2割を覚えれば、テストで80点がとれる」


といったように、

原因のごく小さな割合が、結果の大きな割合になっているということです。


これは、
2:8の数字が重要なのではありません。

パレートの法則というのは、

原因と結果にかたよりがあるということが

「経済学」だけでなく、

「自然現象」「経営」など多くの場面に当てはまる
ということで注目されているのです。

ちなみに
パレートの法則は、

もともとはイギリスの経済学者
ヴィルフレド・パレートが発見した経験則です。

このパレートの法則がわかったところで、
どんな風に理解すればいいかというと、

仕事であれ、勉強であれ、
「重要なことは全体の2割」

だからそのポイントを押さえておけば
だいたいうまくいく
ということです。

逆にだいじな2割を理解しないで
仕事をしていると
効率が悪かったり、

思うような結果に結びつかなかったりするようなことが
起こるわけです。



【パレートの法則があてはまるというシーン】

• 商品の売上の8割は、全商品のうち2割の銘柄が生み出している。 • 企業の売上の8割は、全体の2割の顧客が生み出している。企業の売上の8割は、全従業員のうちの2割の従業員で生み出している。
• 仕事の成果の8割は、費やした時間全体の2割の時間で生み出している。
• 機械の故障の8割は、全部品のうち2割の部品に原因がある。
• 所得税の8割は、課税対象者の2割が担っている
• 離婚件数の8割を、離婚経験者2割が占めている。
• 試験問題の8割が、その学科に関する2割の知識で答えられる。
• 文章で使われる単語の8割は、全単語数の2割に当たる数の単語である。
• 都市の交通量の8割は、都市全体の道路の2割に集中している。
• ソフトウェア利用者のうち8割は、全機能のうち2割しか使わない
物事の本質の8割は、2割を見ればわかる。
• 100匹のアリのうち、よく働くのは2割だけ。


実は私も「成功者の2割になる」と心に決めて
一番最初に出会ったのが、

「鈴⽊正⾏(加藤⾏俊)の在宅中国貿易ビジネスセミナー」

でした。

結論から言うと、
「鈴⽊正⾏(加藤⾏俊)の在宅中国貿易ビジネスセミナー」
に参加する人のうち、成功する人は2割何ではないでしょうか。

私は、8割のうまくいかなかった人のほうです。
原因は、自分自身だと思いますが。

それでは早速、

鈴⽊正⾏(加藤⾏俊)の
在宅中国貿易ビジネスセミナーについて

検証していきましょう。



【目次】
1.鈴⽊正⾏(加藤⾏俊)の
  在宅中国貿易ビジネスセミナー概要

2.鈴⽊正⾏(加藤⾏俊)の
在宅中国貿易ビジネスセミナー内容

(1)LPから

(2)ビジネスモデル


3.鈴⽊正⾏(加藤⾏俊)の
  在宅中国貿易ビジネスセミナーまとめ



==========
1.鈴⽊正⾏(加藤⾏俊)の
  在宅中国貿易ビジネスセミナー概要
==========


まずは、特商法から見ていきましょう。






特定商取引法について簡単にご説明しますね。

利用者を守るために定められた大切な法律です。







この6項目はしっかり見ていきましょう。

• 事業者の氏名(名称)・住所・電話番号表示の義務
• 誇大広告などは禁止
• 未承諾者に対する電子メール広告の提供の禁止
• 前払い式通信販売の場合は承諾の通知の義務
• 契約解除に伴う債務不履行の禁止
• 顧客の意に反して申込みをさせようとする行為は禁止



特商法の記載内容に漏れがあった場合は、

消費者を守るつもりがないということになります。




具体的には、


• トラブルがあっても連絡ができなくなる
• 金銭や個人情報を渡していても取り返すのは
 極めて困難







となる危険性があります。






特定商取引法に基づく表記



会社情報 商品名 在宅中国貿易
販売者 株式会社ワクレボ
運営責任者 加藤行俊

所在地 〒104-0042
東京都中央区入船2丁目2番地14U-AXIS 6階

電話番号 03-5244-9770(代表)
※お問い合わせはメールにて
お願い致します。
E-mail info★wakurevo.co.jp
(★を@に変えて送信してください)
※お問合せはメールにてお願い致します。
Yahoo!等のフリーメールをご使用の場合、
こちらからの返信メールが迷惑フォルダに格納されてしまう
場合がございます。
万が一、3営業日が経過してもこちらからの返信メールが
届かない場合は、お手数ですが迷惑フォルダをご確認下さいますよう、
お願いいたします。

URL
http://zaichu17.com/lp/ver01/
料金案内 0円
お申し込み方法
ホームページ上のお申し込みフォーム
(24時間 受付中)
商品の引き渡し時期
登録完了後、随時メールを配信。
定員
参加人数が埋まり次第終了

免責事項 本商品に示された表現や再現性には個人差があり、
必ずしも利益や効果を保証したものではございません。
また、本商品を利用したこと、
または利用できなかったことから生ずる一切の損害に関しては、
当社は一切の責任を負えません。
個人情報の取り扱い当社はお客様のプライバシーを
第一に考え運営しております。
お客様の個人情報は、厳正な管理の下で
安全に蓄積・保管しております。
当該個人情報は法律によって要求された場合、
あるいは当社の権利や財産を保護する必要が
生じた場合を除き、第三者に提供する事はありません。

貼り付け元
特商法の記載はかなりきちんとしてますね。
連絡先もしっかり明示されていますしね。

私も実際、電話したらすぐさま、鈴木氏本人から電話来ましたよ!

しかし、「免責事項」には、
LPでは「絶対稼げる」「ブルーオーシャン」
謳っているのですが、


免責事項 本商品に示された表現や再現性には個人差があり、
必ずしも利益や効果を保証したものではございません。 また、本商品を利用したこと、
または利用できなかったことから生ずる一切の損害に関しては、
当社は一切の責任を負えません。
と書かれているんですよね。

実は私も全然うまくいかなくって
そうしたら、
「鈴木正行氏」から直接メールが来たり、
電話が来るようになりました。

要は、「個人差」「実力」の世界ですよ。
ということになるみたいですね。



一人ずつ、専属に教えてくれる人が付くんですけど、
「わかりづらい」とか
「返事が来ない」とかいうと
(鈴木氏が連絡してくるものですから
 大丈夫でない旨を伝えます)

すると、速攻専属のコーチみたいな方に連絡がいくんです。

徐々に
「私が物覚えが悪くって・・・」
「なかなかうまくいかないのは自分のせいです」と
「できない」ものはできないので、、、、

自分がだめみたいな感じになってしまいました。



「本商品に示された表現や再現性には個人差があり、
必ずしも利益や効果を保証したものではございません」
とあるように、

絶対稼げるはずなのに、
できないのは努力が足りない、
同期でできてない人はいませんよ
といわれてしまいます。

実際は仮に
「売れる商品が見つかった」としても

「仕入れ」を相当しないといけません。
仕入れにお金がかけられなければ
「稼ぐ」のは無理です。


===========
2.鈴⽊正⾏(加藤⾏俊)の
在宅中国貿易ビジネスセミナー内容

(1)LPから

(2)ビジネスモデル
===========




(1)LPから



・NHKでも取り上げられた、伝説の物販スクール
・3150名の卒業⽣を輩出
・⽇本⼀受講⽣を稼がせてきた

ということです。




私自身は、
実は2年前、知り合いの紹介で
ビットコインを購入したんです。

普段の生活では全く出会うことのできない
度肝を抜くようなお金持ちにお目にかかり…

当時、仮想通貨では「億り人」というような
人も出てきていて、

少しだけビットコインで利益が出たのも
「気を大きくさせた」原因でもあるんですが、

初めて「情報商材」に手を出したのが
「鈴⽊正⾏(加藤⾏俊)の
在宅中国貿易ビジネスセミナー」
でした。


成功者の皆さん、異口同音に
「自分に投資」しなさい。っていいます。



そもそもサラリーマンが一億円稼いだ
という「小玉歩」さんの本がきっかけで



ネット検索してたら、在宅中国貿易セミナーに
たどり着いてしまったんですよね。

多分、小玉歩さんが仕掛けている人って
何人もいるんですけど
鈴⽊正⾏氏も間違いなくその一人です。
「小玉チルドレン」?

でも、まさにセミナーに参加すると
その熱気はすごくって
鈴木正行さんの信者」みたいな感じです。



私が参加した時も、こんな感じで鈴木さんを真ん中にして
写真撮りました。

そのあとは、懇親会があるから参加してと大騒ぎでしたが
私は遠慮させていただきました。
でも、東京会場なのに、
隣の方たちと話すと

京都在住だとか沖縄在住だとか・・・

先週は、大阪、先々週は名古屋のセミナーに行きました。とか
おしゃっていて、私は「場違い」と怯んでしまいました。



実際、勉強会や懇親会の会場には
鈴木氏がお決まりのアロハシャツで登場します。

しかし、物販の知識はなく
弟子の方に全部ふります???



(2)ビジネスモデル


「物販」です。

「在宅中国貿易 タオバオ-アマゾン~在宅中国貿易~」 というものです。

簡単に言うと、中国のサイト「タオバオ」で商品を探して、
それをアマゾンで売るというものです。




在宅中国貿易ビジネス 鈴⽊正⾏⽒。
興味を持ってLINE登録すると、

「個⼈輸⼊ビジネス」がとにかく一番稼ぎやすい
ビジネスだと説得力がある説明がされます。

そして詳しい内容は、
「東京会場」でという感じになります。

しかも、その東京会場は満席なので
キャンセル待ちが出たらご案内ができると返信が来ました。

実際、「明日の何時に一席だけ空きました」と
連絡が来ました。

実際、東京会場に足を運ぶと
あれ?
たったの6人の参加者、そこに鈴木さんに人生を変えてもらった
という方が6人、パソコンに向かって作業をする方2人でした。


一通りの動画を見ると、

『物販のプロフェッショナルたちから
実際に売り上げを出している最先端の物販が学べる』
ということで、



実践例1)売上1,240万円 利益435万円
実践例2)売上524万円 利益183万円
実践例3)売上196万円 利益69万円
実践例4)売上454万円 利益159万円

という実績を見せられます。

実際、誰でもできるし、参加すればこんな簡単な
ビジネスなので人生が変わる

一人に一人の人がついて口説き落とされます。

「なにもわからないから」
「自信がないから」
と断りの言葉を並べていると

さらにほかの方も応戦して
私も倒産しかかったおやじの会社に勤めていて
このビジネスに出会って人生激変したから
一緒に幸せな人生を歩みましょう

みたいな感じになります。

結局、わからないとか
自信がないからといったことで

教材だけでなく
メールサポートが100パーセント
ズームで個人レッスンもするという

料金が2番目に高い80万円の教材の契約を
ほぼ強引にさせられました。

だからそのあと「クーリングオフ」という
対応をしようと思った私に鈴木氏自ら
マインドとか
直接メールとか猛攻勢でした。

ご本人は「熱意」とおしゃってましたけど。

参加費ゴールドコースだったか、
その80万円は「どんなかたでも」
一か月で取り返し

実践例1)売上1,240万円 利益435万円
実践例2)売上524万円 利益183万円
実践例3)売上196万円 利益69万円
実践例4)売上454万円 利益159万円

全然稼げない方でも150万円の利益ですという説明でした。

*でも仕入れ費用が数十万単位で必要です!!!


ちなみに256ページの教材がメールで送られてきます。

「在宅中国貿易スクール教材 タオバオ⇒Amazon 20170922 版」

というものでしたが、私は「在中SC12期」ということでした。

今でこそ、テレワークでズームやミートというのが
手軽になりましたが、
2年前、その「在中」の私専属の先生というのは「大学2年生の20歳」

「面談になりますが、12時から1時の間でお願いします」と最初の
メールが来たのを覚えています。




私は、仕事なのでその時間は都合が悪いと返信すると、
何日か指定された日がすべて同じ時間だったので

「日中は仕事をしています」と伝えると、
深夜の「12時」でした。

しかも、当時の私は面談は対面だと勘違いしていたので
そんな深夜、「電車もありません」といらだって答えてました。


結局、256ページの教材は、
使いまわしで改良もされておらず
なかなか読んですぐ理解できるというわけにはいきませんでした。

それを、専属のコーチが教えてくれるのですが

私も毎夜宿題の「セラーリスト」というのを
中国のタオバオで商品を選び、
100商品毎日記録しました。

1週間に1回コーチが見てくれるんですが、
100商品のリストは調べて、売れてる人の番号をコピーして
指定されたエクセルの表に書き込むんですが、

時間にして6~8時間毎日かかって、結局一個も
売れる商品は探せませんでした。

売れる商品を探すのは、
「砂浜でダイヤモンドを探す」みたいだから
楽しんでください。と・・・・。


===========
3.鈴⽊正⾏(加藤⾏俊)の
在宅中国貿易ビジネスセミナーまとめ
===========




検証結果をまとめます。



結論から先に申し上げます。

【鈴⽊正⾏(加藤⾏俊)の
在宅中国貿易ビジネスセミナー】は、

慎重に検討したほうがいい案件です。

• 物販プロフェッショナルの最先端物販が学べる
• 徹底したメンタルサポート
• 極秘ツールとノウハウ






と謳っていますが、
鈴木氏が商材を販売してから数年間、
改良は一切されていない教材です。

さらに、徹底したメンタルサポートということで
「最悪な人生を送っていた人」が「人生を物販」で変えたとか
変えることができるといわれます。

確かに、私がお会いした鈴木氏が信頼するという
8人くらいのスピカ―である責任者たちは
説明会、勉強会では必ず前に出てきて成功談を熱く語っていました。

それが真実なのかはわかりません。 なぜなら、その責任者といわれる方々は、

毎週開かれる会場でのスピカ―として
かなり高い報酬をもらっているということでしたので
「スピカ―として稼いでいた」のかもしれません。

実際「在宅中国貿易ビジネスセミナー」のノウハウで
稼げたのかは定かではありません。

ただ、「稼ぐ」ためには「努力と継続」が大事であることは
よくわかりましたし、
稼ぐことは簡単なことではないということを
高い月謝を払って学ぶことができたのは間違いありません。

ただ、たくさんある商材は初心者には
どれも自分にもできるかもしれないと思えますし、
言葉巧みに紹介されるのでとても魅力的です。




特に最初にも述べましたが、

【パレートの法則があてはまるというシーン】という
のは数多くあります。
おそらく、在宅中国貿易のノウハウで20パーセント
方は稼げているのかもしれませんね。






「誰にでも簡単にできる」
「初心者でも稼げる」

という魅力的な言葉で誘い込まれますが、
「ビジネス」や「投資」が
何の知識もなく成功するようなことは絶対ありません。

そして努力や継続がなければ
絶対に成果をあげることは
ないと断言できます。
冷静に判断すべきです。


世の中には本当に様々な情報が飛び交っていますが、

特に「副業で稼ぐ」ためには、


“ 楽して稼ぐ ”ことは不可能です。



「一瞬で儲かる」


「絶対儲かる」



「確実に利益がある」


なんて甘い言葉に簡単に乗せられてはいけません。


甘い言葉にくれぐれもご用心してください 。