【詐欺?!】張山博正の情報商材
       Global FEE
(グローバルフィー)
       FX⾃動売買で稼げるの?
こんにちは

仕事でこんな時期ですが

「北海道 函館」に来ています。





新幹線はガラガラ、

新函館北斗駅は

「広い」「きれい」
「だれもいない」です。



8月の中旬にこんな人がいないって

あり得ないことですよね。





新型コロナ渦の前は

函館朝市など

鮮魚やイカ釣り体験など

目当てに

大勢の観光客で

ごった返していたんであろうに・・・







どこもかしこも閑古鳥…



日本が観光立国を目指し歩みだしたのが、

2014年。

東京オリンピックの日本での開催も決まり、

海外から多くの旅行客がやってきていました。




どこもかしこも外国人、


軽井沢に行っても銀座に行っても・・・




でも考えてみたら、

景気の低迷、
少子高齢化


国内での消費の拡大が難しいことから

この「観光立国」として

政策に乗り出したんですよね。



外国人相手にどこもかしこも

売り上げが伸び、

さらにはオリンピックで







海外から注目され、

破竹の勢いで設備投資にお金をかける

店も多かったわけです。



ところが…
この新型コロナウイルスの世界的な大打撃。




日本が「インバウンド消費」を

取り戻す道のりは

長く険しいでしょう。



ちなみに

インバウンド消費というのは


簡単に言うと

外国の人が日本に来て

たくさんお金を使うことです。






外国人がどこの観光地に行っても

溢れかえっていて、


少し前は中国人の

「爆買い」なんていう


社会現象が話題になりましたよね。




そうなんです!

観光立国を目指さないと

日本の経済はそもそも危機的な苦境だったんです。



観光立国として

外国人を受け入れることこそが

苦しい状況を打破するための施策であったわけなのです。




しかし「コロナウイルス」という不測の事態が

順風満帆に見えた「好景気」が

いや、「にわかの好景気」

一気に崩壊です。




持ちこたえられない状況の店や会社が急増していますが、


日本はさらに自然災害である台風、地震など

危機的なことが起こる可能性も極めて高いのです。



そんな不安な国に住む私たちにとって

将来のことを考えると

心配になりますよね。



そんな中、今の収入だけでなく、

投資や副業で安定させたいと思う人が

増えています。







そんな副業や投資に興味を持っている人たちの中で


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【針⼭ヒロマサの情報商材Global FEE(グローバルフィー) FX⾃動売買︕】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


が、今注目を浴びています。





しかし、


ネットビジネスには初心者や高齢者、主婦を狙った

怪しい案件が多くあります。



【張山博正の情報商材Global FEE(グローバルフィー) FX⾃動売買︕】

が、初心者の方たちが

本当に参加していいものなのか

検証していきたいと思います。




あなたの大事な時間やお金が

狙われていたら大変ですから。



是非、お読みいただければと思います。





【目次】
1.【張山博正の情報商材

   Global FEE(グローバルフィー)

   FX⾃動売買︕】内容

 (1)LPから

 (2)ビジネスモデル

2.【張山博正の情報商材

   Global FEE(グローバルフィー)

   FX⾃動売買︕】特商法


3.【張山博正の情報商材

   Global FEE(グローバルフィー)

   FX⾃動売買︕】まとめ


1.【張山博正の情報商材

     Global FEE(グローバルフィー)

     FX⾃動売買︕】内容



張山博正のGlobal FEE(グローバルフィー)は

どのようなオファーなのでしょうか。



 
張山博正のGlobal FEE(グローバルフィー)は

現金給付型オファーのようです。



(1)LPから




まず、30万円「毎月7日」にもらえるとあります。


さらに、作業時間、専門知識、初期コストは

ほぼ0とあります。



何もわからず、投資や副業を始めようとする人には

とても魅力的な謳い文句ですよね。



誰でも興味を持つのは当然です。




本日からアカウントを開設された

限定500名様に

現金30万円の

ボーナス還元とあります。




世の中にある詐欺といわれる手法

必ず「限定」とか時間や期日を迫ります。



人は時間や限定というような

条件を差し出されると

誰でも冷静さを失うものです。



「自分は騙されない」と思っていても

この詐欺の手法の

術中にはまってしまうのです。 









(2)ビジネスモデル







インドネシアで金融ライセンスを取得して、


アジア各国で展開されている


新しいビジネスモデル

と説明されています。



さらに


1. 会員数12万3920人

2. 年間利益600億円


とあります。



いったい600億円もの利益


どのように得るのかわかりませんが、




そもそも年間600億円もの利益が

ある会社が、


ネット上で地味に会員を募っているって

おかしいですよね。




ちなみにコロナの影響で

業績ランキング1位になった

「日本マクドナルドホールディングス」



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2020年の連結営業利益が前期比4%増の290億円になりそうだと発表した。

純利益は前の期に特別利益を計上した反動などで168億円と23%減った。

                       (日本経済新聞)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


とあります。



【張山博正の情報商材

   Global FEE(グローバルフィー)ですが、


600億円も利益があれば、

評判が評判を呼び、

会員数もさらに増え、



会社としても相当な信用と知名度があるはずです。



しかし現実は、

皆さんが心配になって

ネット検索するような会社です。


「信じられる会社」とは


決して言えないでしょう。















~~~~~~~~~~~~~~~~~
はじめまして。

Global FEEアジア公式アンバサダー

”張山博正”ハリヤマヒロマサです。


これから、あなたには、

全2回に及ぶアカウント開設案内を

視聴していただき、


本日から4日後、

毎月7日に30万円の収入を受け取ることが出来る

Global FEEの特別なアカウントを

開設していただきます!



まずこの度の案内に関して、

あなたにお知らせしたい

重要なポイントがございますので、

こちらをご確認ください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


と案内されていました。

が!



Global FEEアジア公式アンバサダー

って何でしょう。




まさによくニュースで

訪問販売の手口に引っかかった



「消防の方から」来たと名乗って

消火器を販売された

というのに似てます!!!!


アジア公式?

Global FEE?


そんな公式ありません。



このような事実を誤認させるような


表現を行った場合、


~~~~~~~~

消費者庁長官は当該事業者に対し、

措置命令などの措置を行うことになる。

~~~~~~~~


という法律があります。



このような虚偽表現には十分注意しないと

いけませんね。





Global FEE(グローバルフィー)とは「証券会社」

の事のようです。



張山博正⽒がなんども⼝にしている


「⼿数料収⼊」とは、


FXの取引⼿数料のことのようです。



証券会社を運⽤して、

顧客から⼿数料を取って稼ぐ


これがGlobal FEE(グローバルフィー)の

利益だと説明されています。




しかし、グ ローバルフィーという名前では

証券⼝座に実態が確認できておらず、

本当に存在するのかすら不明な状態です。




このような実態のつかめない状態で

本当に毎⽉30万円振り込まれるのか

信用できません。



張山博正⽒が

「毎⽉の⼿数料収⼊が確定します」

という発⾔をしていましたが、



「確定します」という表現は法律違反です。




テレビや新聞などで、

「金融商品取引法違反で


会社の経営者が逮捕・起訴された」

というニュースを見たことがある方は多いと思います。



ちなみに、

金融商品取引法とは、

証券市場における有価証券の発行、

売買その他の取引について定めた法律です。


略して金商法(きんしょうほう)と呼ばれることも多いです。




金融商品取引法では様々なことが定めめられており

特に金融商品について

決して利益を確定するような表現はタブーです!!!







2.【張山博正の情報商材

     Global FEE(グローバルフィー)

      FX⾃動売買︕】特商法



特商法を見ていきましょう。





特定商取引法について簡単にご説明しますね。


利用者を守るために定められた大切な法律です。






この6項目はしっかり見ていきましょう。


• 事業者の氏名(名称)・住所・電話番号表示の義務

• 誇大広告などは禁止

• 未承諾者に対する電子メール広告の提供の禁止

• 前払い式通信販売の場合は承諾の通知の義務

• 契約解除に伴う債務不履行の禁止

• 顧客の意に反して申込みをさせようとする行為は禁止



特商法の記載内容に漏れがあった場合は、


消費者を守るつもりがないということになります。






具体的には、


• トラブルがあっても連絡ができなくなる

• 金銭や個人情報を渡していても取り返すのは

 極めて困難


となる危険性があります。








商品名 Global FEE
責任者 株式会社プラン
本店所在地 〒150-0044
東京都渋谷区円山町5-5-3F
お問い合わせ info.globalfee@gmail.com
(【公式】Global FEE LINE@のみで受付しております)


情報が不足しています。


電話番号の表示は義務付けられているにもかかわらず、

その電話番号がありません。


トラブルがあった時に

LINEだけというのでは

不安ですね。


さらに住所

「東京都渋谷区円山町5-5-3F」を調べると、

『渋谷アントレサロン』という

レンタルオフィスでした。



レンタルオフィスを住所にしているという事は、

怪しい会社と判断して間違いないでしょう。




そもそも「アジア公式」と謳い、

600億円もの利益のある会社が

しっかりしたオフィスもないなんて

信用が全くできませんね。



さらに、プライバシーポリシーの記載は、

以下のようになっていました。



個人情報の第三者への開示
その他お客様が当方経由で弊社以外の

企業・団体に対して情報提供、サービス提供、

商品の注文、応募、接触、仲介をご依頼された場合や、

それらの企業・団体が関係するセミナー等の

申し込みをされた場合などには、

当該企業・団体に個人情報を開示・提供することがあります。
また、お客様からのお申出があれば、法令に従い、第三者への提供を停止いたします。




申し込んだ時点で

「個人情報」が第三者にわたってしまうということです。


メールアドレスやLINEはもちろん、

電話番号は絶対に登録しないでくださいね!



登録した途端、次々怪しい投資案内などが

送られてくる可能性が高いです。

さらには、「悪用」されたらとんでもないことです!




3.【張山博正の情報商材

     Global FEE(グローバルフィー)

   FX⾃動売買︕】まとめ


張山博正の情報商材Global FEE(グローバルフィー)は、

予想通り有料でした。


動画では⼀切の説明なしに、

いきなり初期広告費の負担も記載されています。


なぜ視聴者が広告費を

負担するのでしょう。


支離滅裂なビジネスモデルです。





広告費などの初期費⽤は、

銀⾏の借⼊や株の発⾏でまかなうはずのものです。


それを視聴者から取るというのは

意味が不明ですし、



すでに利益が出て、

会員数も12万人以上だと説明されていたのに


矛盾です。



もしこれが「投資⾦」ということであれば、

「投資⾦を募って配当する⾏為」は


⾦商法の許可を取っていなければなりません。




このオファーの目的は、

高額なシステムの購入など

悪質なバックエンドへの誘導

だと考えられます。



そもそも、

毎月30万円もの利益を

現段階でも12万以上の会員に

初期費用もなく

知識もなく

ノーリスクで

提供するということ事態

説明がつきませんね。






ですから、


張山博正の情報商材Global FEE(グローバルフィー)は

おすすめできません。




気になっていた方もいらっしゃるかもしれませんが、

焦って登録する必要はありません。



困っている人を

 
陥れるかのような情報商材には

 
絶対に手を出してはいけません。






“リスクゼロ”


“毎月30万円もの大金を稼げる“


という甘い言葉で誘い込むような案件でしたが、


絶対に手を出さないことが懸命のようです。






世の中には本当に様々な情報が飛び交っています。


しかし、

「副業で稼ぐ」ためには、


“ 楽して稼ぐ ”ことは不可能です。



「一瞬で儲かる」


「絶対儲かる」



「確実に利益がある」


なんて甘い言葉に


騙されてはだめです!




甘い言葉にくれぐれもご用心してください。



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。