目的・目標は自分が決める ウサギとカメ

こんにちは

一如(一如)です。



9月もそろそろ半ばだというのに暑いですね。


今、街を歩いてる人、職場でも扇風機を持ってる人が多いですね。

それだけ暑くなったということでしょう。


2年前、扇子を京都で買ったんです。






百均でも扇子が手軽に入る中、素敵な香りがして品のいい扇子を使いたい

と思って京都に行ったときに、購入しました。


2年前は、扇子人口が多く、大人はもちろん小学生まで使っていました。

しかし今は電車の中でもみんなハンディー扇風機です。

何が流行するかわからないですね。





さて、私のブログでは副業や投資といった

「お金を稼ぎたい」という人のために


是非参考にしていただきたい

「心持ち」や「情報商材」について詳しく書いています。


是非、参考にしていただければ嬉しいです。





目次

1.自己実現について

2.目的・目標 自分の欲求はいったいなにか?

3.イソップ童話 「ウサギとカメ」に学ぶ

(1)目標・目的の重要性
(2)ウサギとカメの教訓
4.まとめ


1.自己実現について


さて、皆さん前回は「豊かさ」について書きました。


その豊かさを手に入れるために、目標を明確にしましょうという内容でしたね。




目標を達成すること、夢を実現すること、または理想を手に入れること

自己実現と言います。




いくら、目標を達成したり、が叶っても

実は、健康を害して身体がボロボロになってしまっていたり、

周りから理解されずに孤独不安を感じていたり、

劣等感を抱いたり、さらなる欲求で自分自身を責めてしまったりというのでは、

決して幸せとは言えませんね。






自己実現を心理学者のマズローは、


自分に最も適した達成すべき活動をみつけ、

自分の可能性を発揮すること



と言っています。





よくとにかくお金が欲しい、稼ぎたいという人がいます。


確かにお金がなければ、惨めな思いをすることもあるし、

お金があれば大概のことは解決できるのかもしれません。


しかし、自己実現は本当に「金銭的な自由」を手に入れることだけでいいのでしょうか。



2.目的・目標 自分の欲求はいったいなにか?




自己実現を表す次の図を見てください。






土台となっているのは、「生理的欲求」です。


生理的欲求とは、

生きていくために必要な睡眠や食欲、

排泄や性欲などの本能的なものです。




その次が、寝る場所が確保されている、食事がしっかりとれるなど

安心して生活できるという安全欲求です。



つまり、お金を稼ぐ、お金が欲しいというだけだと、

この第二段階まで「安全欲求」までしか満たされていないのです。





人は必ず、

仲間や友達、また家族といった他者とのつながりを持つという

社会的欲求(帰属欲求)を持っています。



もしかしたら、今の職場の人間関係で悩んでいる人は、

もう一切人となんて関わりたくない、どこかの山奥で一人になりたい

なんて思っているかもしれません。






しかし、人は必ず他者とのつながりを求めるものです。




そしてさらには、


認められたい、尊敬されたいといった承認欲求というのもあります。



お金を稼ぐという気持ちは、「お金がある」ということで



他人に認められたいという承認欲求が満たされるのかもしれませんね。





そして最後が自分の能力や才能を存分に発揮したいという自己実現欲求です。



つまり自己実現とは単なる金銭的な自由を

手に入れることだけでは決してありません。




自分が今の生活に満足できず、何かを望んでいる、

今の生活から脱出したいと思っていたとしましょう。



まず目的、目標がなんであるのかをよく考えてみてください。




自分が望んでいるものがわからない、

自分の中にある潜在的能力がわからないのでは、

何を追い、何をしていいのかがわかりません。




3.イソップ童話 「ウサギとカメ」

 

(1)目標・目的の重要性



イッソップ童話「ウサギとカメ」の話を知っていますね。

ウサギは油断して昼寝をしてしまった。

カメはコツコツとゆっくり歩みを進め、

ウサギを追い抜いた。





この話で重要なのは、ウサギとカメのそれぞれが

何を見ていたのかです。



ウサギは、カメを見ていました。





ノロノロと歩くカメはなかなかやってこないので、

油断をしてしまいました。



少しくらい昼寝をしたって、こんなにのろまなカメが

自分に追いつくはずがないと思ったのです。



それに対してカメはどうでしょう。




カメが何を見ていたかというと、しっかりゴールを見ていたのです。




もしカメがウサギを見ていたら、昼寝をしているウサギを見て、

自分もつかれて休んでしまったかもしれません。




カメは昼寝をしているウサギには一切見向きもせず、ゴールを目指しました。




そうです。!!!!!!




ゴールが何かをしっかり見極め、競争相手に惑わされることなく、


目標や目的をしっかり見据えることこそが


重要なのです





(2)ウサギとカメの教訓

~「ウサギとカメ」の本当の教訓とは?~



うさぎとカメがそれぞれ見ていたものは・・・


ウサギが見ているのは、競争相手のカメです。

かめは足が遅い、昼寝したって勝てるという風に、カメだけを見たのです。



カメは、足は遅くても頑張って走ろうという気持ちで臨んでいます。

だから、ウサギが昼寝していようが関係なく走ります。


カメがみていたのは、最終目標(ゴール)です。



つまり、競争相手は自分です。


大事なことは、

・「明確な目標設定

・「それを意識し続ける事」

・「最後までやり抜く事」


の3点です。




最初から歴然と力が違っていても、

どんなに才能がなくてもゴールはあります。



どうしてカメはうさぎに勝てたのか。

ゴールをみていたからです。



なぜうさぎはカメに負けたのか。

カメを見ていたからです。



ゴールは何かしっかり見極め、

競争相手に惑わされることなく、

ゴールをみて最後までやり抜くことが大事です。




4.まとめ


ゴールを見ずに、隣ばかり、周囲ばかりを見てしまうと、

他人の意見に惑わされたり、次々にいろんなことに手を付けてしまいます。




そんなことをしていたら、カメに負けたウサギと同じように、

残念な結果になってしまう可能性があります。



そして、もっともっと大事なことがあります。

それは、ゴールをしっかり決めることです。



ゴールが決まっていなければ、どこに向かおうとしているのかわかりません。




もし、ゴールがないとすれば、それはつまり、カメを見ているウサギになってしまいます。





隣ばかりが気になっていて、ゴールが見えていない。

これでは、船で言えば大海原の難破船です。






カメのように一歩一歩ゆっくり進むにしろ、目標・目的設定が何より大事です。




あなたの自己実現とは?

あなたは何を望んでいるのか?



そのゴールを、きちんと定め、理想の人生を手に入れましょう。



私のブログでは、ネット上に溢れる商材を詳しく検証しています。

また、豊かな人生を歩むための心持について紹介させていただいてます。




是非ブックマークして参考にしてください。

またご質問やご意見もお寄せください。



最後までお読みいただき、ありがとうございました。




最後までお読みいただき、ありがとうございました。