ネットワークビジネスで狙われるのはあなた 玉井暁 泉忠司にご用心
こんにちは 一如(いちにょ)です。

三連休あっという間に終わってしまいますね。

私は、海鮮焼きをしてきました。

牡蠣、サザエ、ホンビノスを暖かな陽気の中、

炭火バーベキューで焼いて食べました。




牡蠣はクリーミーでおいしいです。

私が食べたのは三重県産の牡蠣でしたが、


各地でGo To Eatキャンペーンも開催され、


どこも観光客でいっぱいですね。




「Go To トラベル」の運用見直し方針について、

東京都の小池百合子知事は、

「国が責任を持って判断を示すべきだ」と示しました。


 一方、政府の西村康稔経済再生担当相は、

「GoToトラベル」の運用見直しについて、


「まずは知事に判断していただきたい」と、

見直し対象となるかの判断を都道府県に委ねる考えを改めて示しました。



これでは、責任転嫁で一向に解決がなされませんね。

さらに個人レベルも各地の観光スポットで取材を受けている方々は、


「悩んだんですけど、せっかくの機会だったので」

「こんなに観光客がいるとは思いませんでした。」

とまるで他人ごとですよね。


結局誰もが責任転嫁をしている状況です。


自分の身は自分で守る

判断は全て自分です。





これは投資の世界でも副業においても全く同じです。

やるもやらぬも自分が決めたことですし、

全ては「自己責任」の下で行わなければなりません。


そんな中、今日は「ネットワークビジネス」について、

お話していきたいと思います。




目次

1.ネットワークビジネスとは?

2.ビットクラブに騙された(泣)

(1)ビットクラブ 玉井暁

(2)全員ネットワークつながり

(3)今度は騙されなかった 


3.さいごに


1.ネットワークビジネスとは?


いつの時代も、ネットワークビジネスというのは存在しています。

少し健全そうに見える、

タッパーウェアもネットワークビジネスです。


商品はすごく良くてほしくなるのですが、

紹介を重ねていくシステムです。


最近はネットで気軽に手に入るので、

しつこい勧誘や紹介などもなく私は手に入れています。

ネットワークビジネスの仕組みを簡単に説明しますね。


ネットワークビジネス(MLM)は、

「製品やサービスを購入し会員となります。

そして会員が誰かを誘ってさらに会員にし、

また誘われて会員になった人が別の誰かを誘って会員 にします。」


つまり、「ネットワークビジネス」は

人脈(ネットワーク)を使ったビジネスだと言えます。





仕事の人脈や友達関係の人脈を使い、

人伝えに商品を説明・案内していきます。

そしてその商品を買ってもらうという

「勧誘活動をすること」で、

報酬がもらえるような仕組みになっているのです。


これは、マルチレベルマーケティング(MLM)と言う

マーケティング手法の一つです。

日本では連鎖販売取引やマルチ商法と言われています。


「マルチ商法」というのには、

とても悪いイメージを持つ人も多いと思います。




しかし、すべて「マルチ商法=詐欺」というのでもないのです。


「マルチまがい商法」や「ネズミ講」という

商品の価値がない場合や商品そのものがない場合が違法です。


マルチ商法自体は列記としたマーケティング手法であり、合法です。



2.ビットクラブに騙された(泣)

ネットワークビジネスというのが少しお判りいただけましたか。


このネットワークビジネスというのとねずみ講というのが

なかなか難しいところです。



というのも、

そもそもNB(連鎖販売取引)と、ねずみ講(無限連鎖講)は全くの別物です。


NBは商品を普及するための一つの事業方法であり、

普及には主に”口コミ”を用いています。




一方、ねずみ講は、お金自体を流通させるのが目的の、

いわば「金銭配当組織」です。


ねずみ講に参加することは違法ですが、

NBを行うことは違法行為でもなんでもありません。




消費者庁の定義では、


ねずみ講は「組織参加者間の『金品配当組織』であり、

組織参加者の収入は後順位者の支出によってのみ賄われ、

組織外からの収入がないため終局において

必然的に破綻する性格のものである」




これに対して連鎖販売業(NB)は、

「物品の販売等の『事業』であり、

組織外への販売等の事業活動による利益が

十分に得られるようなものであれば、

必ずしも破綻するとは限らない」

と定義されています。


つまり、ねずみ講は破綻必至の仕組みであり、

NBは、きちんと取り組めば立派な経済活動であり、

事業(ビジネス)だと言っているわけです。




(1)ビットクラブ 玉井暁

私は、そもそも知り合いにしつこく誘われて

「とにかくすごい人の話だから聞いた方がいい」と

渋々出かけたのが渋谷で開催されていた「玉井暁氏」のセミナーです。



確かにオーラがあり、

こんな桁違いのお金持ちがいるんだという感動があったことを

今でも鮮明に覚えています。




そのセミナーでは、ビットコインの魅力について3時間くらい聞きました。



仮想通貨について世の中が熱狂する走りの頃で、

NHKの番組でもビットコインについての特集があったり、



池上彰さんの番組でも連日のようにビットコインについて話題になっていました。



~~~~~

私もビットクラブに誘われ、参加

~~~~~~




連日、各地でセミナーが行われ、参加も立見やキャンセル待ち状態

誰もが熱狂していました。


【ビットクラブ】



・2014年4月から運営されていた詐欺マイニングプール

・ビットコインマイニングするためにBitClubへ出資すると、

 配当がもらえると謳われていた

・被害額は約7億2200万ドル(約800億円)

・2019年12月に運営者3人が逮捕

・現在調査進行中

だから、経済新聞、番組などの一部をうまく取り入れ

本当に「ビットクラブ」の話に引き込まれていきました。

しかも、玉井ファミリーが次々スピーカーとなり

ビットコイン、ビットクラブの魅力を洗脳し続けました。





ビットクラブは確かにマイニングもされていましたし、

最初からポンジスキームの案件だったかは謎ですが、

玉井氏はじめファミリーの方たちも連日深夜まで登録作業や

勉強会をしている様子は、

LINEのグループに情報として

リアルタイムで送られてきていました。



でも、今思うと、

玉井ファミリーの傘下にある軍団たちは

年中、ドバイに行き2年後にはドバイに移住するとか

2年間はいいひとキャンペーンと言っていました。


紹介すればその報酬が入るわけですから、

徹夜で登録作業を行うことくらいするでしょうが、

2年間という期間は、ちょうど破綻する時期が

分かってのことだったのかと思います。


私の親に当たる方も突如にしてLINEから消え、

どんなに連絡をしても音信不通になりました。



別の親に当たる方のグループでも

かなり辛辣な発言をする方はかなりきついパッシングを受けたり、

LINEから追放するというようような恫喝もありました。




玉井氏もビットクラブ関係から身を引くのは一番早かったと思います。

情報は日本では一番最初に来ていたはずですから・・・。




(2)全員ネットワークつながり


玉井氏のファミリーと言われる方が、

皆さんとてもお金持ちなのですが、

異業種の方たちがなぜ知り合いなのかは、

ネットワークビジネス」で知り合ったということでした。



mface投資で知り合ったようで、

皆さん稼ぐだけ稼いでさっと身を引いたようです。


情報は上層部にしか来ない

上層部しか稼げない」とも言っていましたし・・・。



ちなみに、

mface(エムフェイス)というMLMは、

マレーシアに本社があるMBI社が運営している

広告権の売買をするプラットフォームです。


第二のFacebookという名目で、

SNSに掲載する広告権をトークンに変え、

それの売買をする仕組みが作られています。




しかし、

組織のリーダー格である吉野美穂子氏や笹崎幸雄氏が

逮捕されたと大きなニュースになりました。


被害者は全国で2万3千人におよび、

被害額は181億円ということです。

mface(エムフェイス)というMLMの仕組みは

凄く複雑ですが、

その玉井ファミリーは

ネットワークビジネス」大好き大好きと連呼していました。

それは、そのはずです。

上層部になれば、つまり親ネズミになれば

報酬が笑いが止まらないほど入ってくるわけですから

辞められないでしょう。





(3)今度は騙されなかった 

ビットクラブからササっと鞍替えした玉井氏やそのファミリーたちは・・・



ジュビリーエース
マイニングエクスプレス
FX自動売買・・・


ビットクラブが吹っ飛ぶ寸前は、

アカウントの再登録をするように案内がされ、

皆さん躍起になって作業をしていました。



でも年配の人などはやり方がわからないというような

相談がLINE上で飛び交っていましたし、

作業が集中してログインできないというようなことが起こっていました。


そんなことをしているさ中、運営者が逮捕というようなニュース。

その少し前くらいから、


ジュビリーエース

マイニングエクスプレス

FX自動売買・・・

参加を強く勧誘されだしました。

これもみな、早く登録すれば

ピラミッドの上になるから早くして方がいいという具合でした。


ジュビリーエース
早くも・・・


月利「20%」の仮想通貨アービトラージの投資商品です。

月利20%」という夢のような利率です。

「本当に大丈夫なのか・・・?」

「こんなおいしい話?」

と参加された方も相当いますが、

実際ジュビリーエースは「飛ぶ間近」である可能性があります。



現在、ジュビリーエースは出金を制限中になったようです。

11月末まで出金できません。

ビットクラブもそうでしたが、

飛ぶ寸前は不穏な動きになります。




11月17日、ジュビリーエースの運営より

「業務を停止する」という発表が行われました。



出金を含む全ての業務を停止すると記載されており、

再開の目途すら記載されていません。
 
 
仮想通貨ポリスはジュビリーエースは“100%飛んだ”と判断しています。


また、マイニングエクスプレスについても、

詐欺とは断定することはできませんが、

投資案件とみたときに、

この案件は悪質に分類されると思います。


マイニングとは、暗号資産(仮想通貨のことです)の

取引を承認する作業のことです。

ビットコインなどでは管理組織がないので、

この取引の承認は世界各国の有志がやってくれます。

その見返りとして、報酬が支払われる仕組みです。

これこそが、マイニングエクスプレスの収入源です。



世の中にはいろいろな投資ファンドがありますが、

最初からお金をだまし取って消えてしまうような

詐欺をするという案件は少ないです。


しかし、ずっと続く案件も稀で、

このような投資案件はいつかは

潰れてしまうものだと考えるのが一般的です。



そういう中、

マイニングエクスプレスの配当は

月利3.7%です。
 
マイニングエクスプレスはお金を投げたら、元本は全て消えます。

あとは配当のみが月利3.7%で増え続けていきます。
 

つまり、元本が回収できるまでに

100%/3.7%=27.2ヶ月…およそ2年以上かかる計算です。


2年を持たずして潰れてしまうというのが一般的ですから、


やはり、

ビットクラブ同様に

マイニングエクスプレスも紹介報酬で荒稼ぎしようという魂胆が

見えてきますね。



3.最後に


不安材料がある、疑わしきことがある、確証が持てないなどの

案件には決して参加してはいけません。




ネット上には最初から


「情報弱者を騙すことを目的にしている」


というものがたくさんあります。



そんな案件に絶対引っかからないようにしてください。

確信が持てないものには手を出さないのが賢明です。





私も以前痛い目に遭いました。

原因は知識を持たず、

むやみに期待したり、

簡単に信用したことが原因です。


お恥ずかしい話ですが、

私の失敗談はこの「ビットクラブ」です。

騙す側はとことん勉強していますし、

隙などない説明だったり、組織だって騙してきます。

セミナーなども桜だったりするということも聞いています。


だから、私自身セミナーに参加して、

強引に契約を迫られたこともあります。



全て知識がなかったことで、

冷静な判断ができなかったのが失敗の原因です。


大金が簡単に入るような話、

あまりに高配当な利率

毎日3万円も稼げるなど

これが本当だとしたら、誰もが投資家です。

そんな大金が入ってくるなんておかしすぎです。




初心者の方が騙され、悔しい思いをしないためにも、



私のブログでは、

ネット上でたくさん紹介されている

案件についてできる限り

わかりやすく説明していきます。


正しい情報をしっかり得られれば、

必ず初心者の方もしっかりと稼ぐことはできます。

一攫千金を狙うよりは、

まずは確実に月に5万、10万と手に入れられる方法を知る方が早道です。


いつまでもノウハウコレクターで一円も稼げない方や

何度も何度も次から次に商材を購入していて

出費だけがかさんでいる方もいます。

商材を買うことで満足してしまったり、

少しやっただけでうまくいかない、騙されたと投げ出してしまう方もいます。



結果としては、確実に収入が得られる方法を知り、

まず小さな成功から始めていきましょう。




是非、ブックマークして参考にしてください。

またご質問やご要望があればぜひお寄せください。



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。