ネットビジネス 投資や副業でお金を稼ぐ 人の弱みにつけこむ詐欺に騙されないで



こんにちは 一如(いちにょ)です。

今日は正月休みの最終日です。

何をして過ごそうか思案中です。




テレビでは、新型コロナウイルスの話題ばかりです。




緊急事態宣言が出れば、飲食店は大打撃ですね。

でも、Go To のトラベル、Eatが打ち切られ、

感染が拡大しているので不安になった人々は自発的に自粛するはずです。

「政府の判断のせいだ」「給付金をもっと出せ」と

ひっ迫した状況の中、誰かを悪者にして恨んだり、憎しむしかない・・・。





コロナ、天変地異、不慮の事故、病気・・・

最低限防げる方法もあるかもしれませんが、人間は無力ですね。

給付金、助成金の問題が取りざたされていますが、

結局全ては税金ですからね。

恐ろしいことです。


年末に行った軽井沢でしたが、初日は草津によりました。

若者がたくさん観光を楽しんでいましたが、

どの人もGo Toのクーポンを持ち、

一個500円もするプリンを10個買ったりしていました。

若者がクーポンでもなければ、プリンを5000円分買ったりしないでしょうね。

でも長蛇の列でした。



コロナのせいで生活が立ち行かなくなり自殺も急増している中、

確かに経済を回すためのGo Toも分かりますが、

税金が大盤振る舞いされ、もらったクーポンを何とか使わなくてはと

無理やりお土産を買っている状況には矛盾を感じますよね。


全てがバランスよくとか納得がいくようにというのは難しいですが、

この混乱はまだまだ続きますので、

情報をしっかりと見極め、

自分自身がしっかりしていないとだめですね。


さて、このような混乱の時期だからこそ、

将来の不安を感じたり、実際に収入が激減している人も多いです。

政府の後押しもあり、副業に関心を持っている方も急増し、

実際行動に移している人もいます。


ところがネット上には、たくさんの副業が紹介されているのですが、

残念ながら投資や副業でお金を稼ぎたいという人の弱みにつけこんで、

全く役に立たない情報を高額で売りつけるという

詐欺まがいの手口が後を絶ちません。

今日は、そんな詐欺商材に騙されないためにも、

情報商材について検証していきたいと思います。


目 次

1.情報商材とは何か

2.情報商材の種類

3.詐欺被害

4.情報商材に騙されない


Shot of a young man looking stressed out at home


1.情報商材とは何か

情報商材(じょうほうしょうざい)とは、

主にインターネットなどを介して売買される情報のことです。


今は誰でも手軽に知りたいことや疑問はインターネットを使って

調べたり、情報を得ます。


「お金が絶対稼げる方法を教えます」といった「情報」なら知ってみたいと思います。

ですからその内容自体が商品となり、売られているのです。



日本では2000年代以降にインターネット経由で

「儲かる」や「成功する」などの方法論・手法を


ノウハウやデータが記載されたPDFファイルなどの情報を

テキストにまとめ販売する業者や個人が急増しているのです。


2.情報商材の種類

情報商材には様々なジャンルがあります。

いろんな情報をお金を出してでも知りたいという方がいます。


情報商材は大きく分けて3つのジャンルに分かれています。

(1)稼ぐ系

(2)教育系

(3)コンプレックス系


(1)稼ぐ系


副業や投資関連などの「お金を稼ぎたい」という方を対象にしたものです。

特に最近では副業が容認されている会社も増え、

本業を持つサラリーマンの方が取り組むことのできるものや

主婦や仕事をリタイヤした方に向けた簡単でスキマ時間にできる副業があります。


 副業は、場所や時間を選ばないアフィリエイトや転売などが主流です。

最近では動画や写真を投稿して稼げるといったものもあります。

 投資は、株投資、FX投資、先物取引、仮想通貨、バイナリーオプションなどがあります。

また、競馬やパチンコといったギャンブルの必勝法といったものもあります。

最近ではこのように投資関連の情報商材の種類は大変多い傾向があります。



・基礎知識や実践の方法をセミナー形式で教える

・専用のツールやアプリを使い、AIの指示通りに投資を行う


というものが投資の案件のタイプです。


(2)教育系


学校の成績を上げたい、有名大学に合格する、資格を取るというような

スキルアップを目指す人向けの商材があります。


子供の教育のコツなどをアドバイスするものは、

親が購入することを想定した幼児期の学習方法などがあります。

中高生などを対象とした進学に関するものは、

勉強方法やメンタルに関するものが多いようです。


また、社会人や主婦の方をターゲットにした資格取得の商材があります。



(3)コンプレックス系

Little boy in math class overwhelmed by the math formula.



人間が生きていく上ではいろんな困難に遭遇します。

例えば、恋愛を避けることは難しいでしょうし、

人間関係に悩むこともあります。



人間関係は上司や部下などのビジネス系はもちろん、

親子のこと、友人との交際や距離感に関するものも少なくありません。



さらには身体的なコンプレックス、身長や体重といった容姿など

他人からすれば全く問題を感じられないようなことでも

ご本人にとっては一大事なのです。



例えば情報商材で取り上げられる恋愛などは、

結婚を前提とした婚活、

出会いや告白の方法、

意中の異性を落とすまでのコツなどを紹介したものが

主な内容となっているようです。

さらには、交際相手と円満に別れるアドバイスといったものもあります。




とにかくニーズがあれば何でも情報商材になるのですね。


3.詐欺被害


投資や副業関連の情報商材の返金交渉が目立つ傾向があります。

実際に商材を購入して「お金が稼げない」という結果が一目瞭然だからです。



コンプレックス克服系や、教育系のスキルアップは、

効果が表れたかどうかはなかなか判断しにくいものです。


投資や副業関連の情報商材は、

「お金が儲かる、お金を稼げる」という謳い文句で購入を促しています。


そのために、購入後お金が稼げなければ、


すぐさま詐欺遭った、騙されたと気付く人が多いのです。




また稼げる系の商材は、他の商材に比べ、販売価格が非常に高い傾向があります。



販売価格が高い上に、全く稼げなければ、

詐欺だと判断されてもいたしかないことでしょう。

と言われる理由の一つになるでしょう。



4.情報商材に騙されない



「副業」「投資」で稼ぐためには、


“ 楽して稼ぐ ”ことは不可能です。



「一瞬で儲かる」


「絶対儲かる」



「確実に利益がある」


なんて甘い言葉に騙されてはだめです!



副業系情報商材の詐欺手口で一番多いのは、

最初に登録費や入会費を支払わせるものです。

稼ぐためには必要なものだということでまずは登録費や参加費を払ってしまいますが、

「登録費、参加費」をだまし取ることが目的の場合があります。

ですから、当然登録費を払った後全く連絡がつかなくなったり、

全く稼げないマニュアルやツールが渡されたりします。


最初に登録費や入会費を支払わせるという意味では、

ネットワークビジネス(MLM)への勧誘も同様です。



ネットワークビジネス(MLM)は、

組織の頂点にいなければ、利益を出すことが難しく、

そもそも「紹介報酬」を吸い取るためのビジネスです。


私が悲惨な目に遭った「ビットクラブ」もまさにこれです。




私のところに相談が多いのが「自動売買ツール」の投資系情報商材の案件です。

カリスマ投資家や天才トレーダーと同じ手法で自動売買といったものがあります。

しかしこれだけは忘れてはいけません。


「投資に絶対などはない」ということです。


最先端AIを使ったツールなどがあれば絶対稼げるということですが、

基本的に、投資系詐欺の手口は、お金を出資させてそれを騙し取るという方法なのです。



≪ポイント≫

禁句の3つがあったら警戒しましょう!


1.「確実に稼げる」「100%稼げる」
2.「返金保証があるから安心」
3.知識不要ゼロ、時間不要、何もしなくてもOK

まず投資に絶対はありませんし、返金が保証されて言われたら

参加のハードルが下がりますよね。

結局返金を請求してもそれに応じない業者がほとんどです。

何をやるにも知識もなく、努力もせずに手に入れるなんていう

魔法のようなことがあるわけありません。

冷静になればわかることですが、

我々は人間ですから、いろんな感情に翻弄され判断を誤ることがあるのです。



私のブログでは、

ネット上でたくさん紹介されている

案件についてできる限り

わかりやすく説明していきます。


また、ネットビジネス未経験でも

堅実に稼げる案件で、収入を積み上げていってください。

是非、ブックマークして参考にしてください。




ネットビジネスで稼いでみたい方は、お気軽にメッセージしてください。

またご質問やご要望があればぜひお寄せください。



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。