STOP詐欺被害 久慈亮氏 Give One’s Salon(ギブワンズサロン)はFX?怪しい!

こんにちは 一如(いちにょ)です。

今日は、年明け初めての出勤。




「今年は実家にも帰らず、ずっと家にいた」

「冬休み、誰にも会わなかった」

というようなことを言っている人が多くて驚きました。



軽井沢に行ったり伊豆に行ったり、岩盤浴・・・。

お土産を出すような雰囲気ではなかったので、

そのままカバンに入れて持ち帰ってきました。



新型コロナウイルスという未曽有の緊急事態、

人それぞれ意識が違い困惑します。


いよいよ政府が再び緊急事態宣言を発令する方向となり、

ますます新型コロナウイルスの感染による様々な事態が深刻化しています。


緊急事態宣言を発令により企業の経営破綻、休廃業が急増するかもしれませんね。


大学入学共通テストまで1カ月を切り、

中学・高校・大学の入試が本格的に始まる季節です。




すでに横浜国大などは個別試験は中止という舵を早くも切っています。



先行きがわからない状況で、受験生は安定志向だったり、

地元志向の傾向が強いようです。

また、家計の状況で大学受験を断念する人もいるということなので、

受験へのコロナショックはかなりなものです。

いろんな心配がまだまだ続きますが、

皆さん気を付けて生活しましょう。


さて、今日は毎月20万円も稼げると謳う

久慈亮氏 Give One’s Salon(ギブワンズサロン)を検証したいと思います。


先行きが不透明で、経済的に心配、

政府の後押しもあるので何か副業に取り組みたいという方が急増しています。

そんな中、毎月20万円もの大金が無条件に入るのだとしたら、

こんなおいしい話にはすぐさま飛びつきたいところです。






目次

1.久慈亮氏 Give One’s Salon(ギブワンズサロン)内容

(1)LPより

(2)ビジネスモデル

2.久慈亮氏 Give One’s Salon(ギブワンズサロン)概要

(1)特商法

(2)口コミ・評判

3.久慈亮氏 Give One’s Salon(ギブワンズサロン)まとめ





1.久慈亮氏 Give One’s Salon(ギブワンズサロン)内容

(1)LPより




・毎日16万円の利益

・毎月500万円の収入が手に入る

と謳っていますが、こんな羨ましい話があるのでしょうか。



ビジネスモデルは、これでは分かりませんが投資のノウハウ提供案件です。


一体何への投資で、どのような方法で20万円近くもの大金が手にできるのでしょう。

しかも投資で必ずとか絶対ということはあり得ないので

無暗に信じてしまうのは危険です。


考えてみてください。

現在、大手銀行の金利は、

0.1パーセント」です。


つまり、

100万円預けても、その利息は、


100円」です。



それが現実の中、


毎日16万円ものお金が手に入るなんて驚異的です。

毎日16万円稼ぐとなれば、100万円の資金で

日利16%を出せるシステムが必要になります。

日利16%となると相当なリスクが伴い、

ギャンブル的なやり方になってしまうでしょう。



投資の神様であるウオーレンバフェット氏(89歳)ですが、





その資産5,000億ドル(約55兆円)もの資産を運用しています。

その天才と言われるウオーレンバフェットさえ、

50年もの投資生活の中で最高で年利23%です。


それが毎月約束されているなんておかしすぎます。


(2)ビジネスモデル


久慈亮氏 Give One’s Salon(ギブワンズサロン)は、

700人もの方が参加し、

会員は運用資金を預けることで何もすることなく

「利益の50パーセント」を受け取るということです。

送られてきた動画では、

通帳が映し出されていますが、


・会員の投資金額

・このプロジェクトの実績期間

・参加費

・ビジネスモデル

など、知りたい情報が一切語られていません。


ただ、画像の一部に「FX」だとわかるものがありました。

しかし、

ロジックやシステムトレードなのか?

裁量トレードなのか詳細に関して予想できません。




多くの情報商材は、

稼げる金額が大きければ大きいほど、

販売価格も比例して高く設定する傾向があります。


このプロジェクトが一体何をして稼ぐのかが不明ですが、

おそらくFXのシステムの販売なのかとは思います。



FXの情報商材は大きく分けて、

教材タイプ、トレード補助システム、完全自動取引システムの3つです。


何もしなくていいということでしたので、

完全自動取引システムなのかもしれません。

そうだとすると、

自分では全く何もすることなく、

口座を開設するだけで自動的に取引してくれます。

自動取引システムにも2種類あります。


1.口座に預けたお金をプロトレーダーが運用してくれる

2.AIシステムを搭載したツールによって口座のお金を運用する



実績のあるプロトレーダーならば、

運用によって利益を生み出してくれる可能性もある程度高いはずですが、

久慈亮氏がどれほどの腕前なのか心配ですし、通常購入価格はかなり高いです。


AI搭載の自動ツールは価格的には、

プロトレーダーの運用より安いようですが、

今のところ100%近くFXに稼ぐことができるAIはないといわれています。



このようにシステム系は30万以上の参加費や登録費が必要の場合が多く、

投資や副業でお金を稼ぎたいという人の弱みにつけこんで、

全く役に立たない情報を高額で売りつけるという詐欺まがいの手口が後を絶ちません。


このプロジェクトも参加費を狙った案件である可能性が高いです。



2.久慈亮氏 Give One’s Salon(ギブワンズサロン)概要

(1)特商法

特商法を見ていきましょう。


特定商取引法というのは、


特商法は事業者による違法・悪質な勧誘行為等から、

消費者を守ることを目的とする法律です。




特商法の記載内容に漏れがあった場合は、


消費者を守るつもりがないということになります。



具体的には、


• トラブルがあっても連絡ができなくなる

• 金銭や個人情報を渡していても取り返すのは極めて困難


となる危険性があります。

また、特商法に書かれている内容と、キャッチコピーと

異なっていた場合は、この法律のほうが有効です。




つまり、誇大広告の言葉に魅せられて、それを鵜呑みにしたら

とてもとても危険ということです。




一般的には、会社の責任者、所在地、電話番号、

メールアドレスなどが記載されています。



しかし、これらが記載されていない場合は、

きわめて悪質なオファーですので、注意をしましょう。







怪しげなコンテンツは「特定商取引法に基づく表示」に不備があったり、

LPとの表示と異なっている場合がほとんどです。


消費者庁によって記載の義務づけがなされていて、

虚偽の記載があると罰金・懲役刑を課されます。




なんと、久慈亮氏 Give One’s Salon(ギブワンズサロン)の特商法は

確認できませんでした。




(2)口コミ・評判




今回の久慈亮氏 Give One’s Salon(ギブワンズサロン)の案件ですが、

仕掛け⼈の久慈亮氏は、

3年前にオンラインサロンギブワンズプロジェクト(Give Oneʼs Project)を⽴ ち上げ、

総額30億円以上の利益を獲得したとうことです。



しかし、自称「クジラ先生」(久慈亮)とありましたが、

クジラ先生の功績や実績は一切、世に出回っていません。




3.久慈亮氏 Give One’s Salon(ギブワンズサロン)まとめ


検証結果をまとめます。

今回の久慈亮氏 Give One’s Salon(ギブワンズサロン)は、

気になっていた方もいらっしゃるかもしれませんが、

焦って登録する必要はありません。

冷静にご判断くださいね。

なぜなら、

1.投資案件に関わらず、絶対稼げるというような誇大広告

2.肝心の特商法の記載が見当たらない

3.口コミ、評判に良いものがない



このように、初心者の方の期待を煽り、

「絶対」「確実」などという安心する言葉を巧みに使い、

効率よく稼げるという誘い文句で、

最初に登録費や入会費を支払わせる詐欺は非常に多いです。

または、自動ツールアプリと言っても結局稼げなくても、

泣き寝入りということになりかねません。



甘い言葉で誘い込むような案件でしたが、


安易に手を出さないことが懸命のようです。



世の中には本当に様々な情報が飛び交っています。


しかし、

「副業」「投資」で稼ぐためには、


“ 楽して稼ぐ ”ことは不可能です。



「一瞬で儲かる」


「絶対儲かる」



「確実に利益がある」


なんて甘い言葉に


騙されてはだめです!






あなた自身が、

今後も継続して

ネットビジネスに取り組み

稼いでいくためには、

努力や継続がなければ

絶対に成果をあげることはありません。



私のブログでは、

ネット上でたくさん紹介されている

案件についてできる限り

わかりやすく説明していきます。


また、ネットビジネス未経験でも

堅実に稼げる案件で、収入を積み上げていってください。

是非、ブックマークして参考にしてください。




ネットビジネスで稼いでみたい方は、お気軽にメッセージしてください。

またご質問やご要望があればぜひお寄せください。



甘い言葉にくれぐれもご用心してください。





最後まで読んでいただき、ありがとうございました。