“甘い罠”STOP詐欺!「誰でも儲かる」「知識ゼロ」「一日3分」 ネットであなたを誘惑する情報商材

こんにちは 一如(いちにょ)です。

みなさん、新型コロナウイルスの感染拡大はなかなか収まりませんね。





一回目の緊急事態宣言の頃、我が家は「マスク不足」に悩まされ、

近くのスーパーに開店前から並んだり、コストコに毎日通ったり苦労しました。

一箱5000円でも飛びついて購入、実家や兄夫婦にも買ってあげたりしていました。





あの騒動は何だったのでしょうか????

最近は私は布製のマスクやピッタマスクを愛用しています。

でもこの前ニュースで不織布マスクでないと効果がない?と特集をやっていました。

どうなんでしょう?




布やピッタを付けて生活していますが、

毎年冬は必ず風邪をひくのに全然大丈夫です。

これは効果あり?ってことなのかと思います(断言!)


さて、今日はネットビジネスに関する話をしていきたいと思います。





投資、副業、ビットコイン、転売・・・。

ネットビジネスって本当に稼げるの?と興味を持った方が、

ネットで検索すると、

「知識ゼロ」「一日必ず●●万円儲かる」「リスクゼロ」などと謳った

ビジネスがネット上には溢れています。


この怪しい話、ありえない金額が簡単な手段で手に入るなんて、

「自分だけは引っかからない」「こんなのひっかるの?」




しかし、こうした「情報商材」といわれる手口のビジネスには、

「指示通りにお金を払って、参加したのに連絡がない」

登録料を払い、指示されたとおり実行したのに稼げない」と

被害を訴える人は後を絶ちません。





集団訴訟に発展するケースも年々急増しているような状況です。


「自分だけは引っかからない」

「こんなのひっかるの?」と思っている人が多いはずなのに、

なぜ怪しげな案件が多く出回り、

ネット上の怪しげなビジネスに多くの方が騙されてしまうのでしょうか。





情報商材に対して、

「怪しい」「詐欺」というイメージを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?




全ての商品が詐欺というわけではありませんが、

価格の設定に根拠がないものや、

実際に、購入者を騙す目的で販売されているものも多いのが事実です。



目次

1.情報商材とは


2.情報商材の種類

(1)副業や投資などお金を稼ぐもの

(2)コンプレックスやスキルアップを目指すもの


3.情報商材が詐欺だといわれる理由


4.情報商材の種類と手口

5.情報商材の“罠、にはまる人

6.まとめ





1.情報商材とは


情報商材(じょうほうしょうざい)とは、主にインターネットなどを

介して売買される情報のことで、 「情報」の内容自体が商品となるものです。

稼げる方法・恋愛必勝法・ギャンブルの必勝法・ダイエット方法など、

ある目的を達成するためのノウハウやデータ自体を

商品として販売しているのです。





最近特に多いのは、

投資系で使うシグナルツールや自動売買システムツールなどです。

シグナルツール系は特にバイナリーオプションなどのビジネスモデルが多く、

自動売買システム系は仮想通貨やFXの自動売買システム(Expert Advisor:略してEA)の
ビジネスモデルが多いです。






販売価格は安いものから高いものまで金額設定は様々ですが、

商材の価格は稼げる金額が大きければ大きいほど、

販売価格も高く設定されているようです。




特にシステム系は30万〜100万円などというような高額商品が多く、

投資や副業でお金を稼ぎたいという人の弱みにつけこんで、

全く役に立たない情報を高額で売りつけるという詐欺まがいの手口が後を絶ちません。




2.情報商材の種類


情報商材には様々なジャンルのものが販売されています。

そのジャンルは、大きく3つに分けることができます。

(1)副業や投資などお金を稼ぐもの

(2)コンプレックスやスキルアップを目指すもの

 恋愛をしたい、異性にモテたい、痩せることをめざすダイエットなど、

コンプレックスを克服するための内容や受験に合格する、学校の成績を上げる、国家資格を目指すといった内容です。





3.情報商材が詐欺だといわれる理由

 情報商材のすべてが詐欺だったり怪しいわけではありませんが、

騙すことを目的にしているものは「共通した手口」があります。


購入者が騙されてしまう、騙されたという訴えが多いのは、

投資系、副業系などの、お金を稼ぐ商材です。


コンプレックスやスキルアップを目指す商材は、

実際に商材を購入して効果が表れたかどうか判断しにくいものです。




コンプレックス克服はそもそも自分の容姿や性格が劇的に変わるなんて

頭のどこかであり得ないことや半ばあきらめていることが

多いのではないでしょうか。


また、スキルアップに関しても勉強ができなかったり成績が伸びなかった、

大学受験や資格試験に不合格だったとしても、

こういう内容に関してはほとんどの方がご自身の力不足を自覚して

あまり詐欺だと騒ぎ立てるようなことはないような気がします。





しかし、副業や投資に関しては、

「お金を稼げる」という宣伝文句で購入を促進しているため、

購入後に、お金が稼げないとなれば、すぐさま詐欺商材に騙された、

詐欺に引っかかったと気付く人が多いのです。


また投資や副業の商材は、販売価格が高いということもあり、

実際稼げなかった時は心穏やかにはしていられないというのが実情です。


4.情報商材の種類と手口



①副業系
 
副業系の商材は、本業のあるサラリーマンの方が、

仕事と両立させながら稼ぐ方法や、

在宅時間が長い主婦が少ない時間でも稼げる方法や、

高齢の方が知識などなくても手軽に稼げる副業を紹介しています。


最近は、スマホをワンタップするだけとか

動画や写真を投稿するだけで稼げるというような、

5分程度の作業で1日数万円稼げるといった副業を商材として

販売しているものが急増しています。


②投資

株投資、FX投資、先物取引投資、仮想通貨、バイナリーオプションなどがあります。

投資についての基礎知識や実践方法などを

セミナー形式で教えるというコミュニティーや

配布されたツールを使用して、AIの指示通りに投資を行うというものがあります。


③ギャンブル

競馬やパチンコ、スロット、オンラインカジノで

確実に稼げるという商材です。

稼げるアプリやコミュニティを販売すると宣伝しています。

販売の特徴としては、ギャンブルを投資の一つのように解説し、

必ず稼げる方法がある、

ギャンブルではなく投資と謳っているものが多いです。

④コンプレックス克服・スキルアップ

異性にモテるための行動方法やナンパの方法なども情報商材となっています。

他人の経験や成功例を紹介してノウハウ化しています。



ダイエット関連も非常に多い商材ですが、成功例やダイエット指導などがその商材の内容です。

スキルアップは学習う、受験、資格、ビジネスなどの分野で成功するための

ノウハウ、効果的な方法などがその内容です。


それらの分野の情報商材を販売するにあたり、

実は、「やり口」は昔からやり方が蓄積され、

あまり変わっていないといわれています。

具体的はまず、業者が儲け話のきっかけとなる

メールを大人数にばらまきます。




最近ではSNSを使った方法もありますが、

そこには動画のリンクが張られていて、

「情報商材を買えばいかに確実に儲かるか」が、

“成功者の体験談”で説明されます。






この「動画勧誘」はどの情報商材でもたいてい同じようなもので、

4回に分かれており、




1話目は「説明担当者の自己紹介

2話目は「その人物の過去に起きた不幸な出来事、沈んでいた時期の話」

3話目で「商材のノウハウ説明、それによって自分がどううまくいったのか」

4話目の「商材の特典などの紹介」となっているパターンです。





情報商材の購入ボタンが最後のメールに付記されています。

説得力を持たせるためにこうした一種の“起承転結”の形を取るのが

「購入させるパターン」なんだそうです。


このように動画は小出しに送られていく特徴があります。

その時間はだいたい1週間くらいなのですが、

心理学的に一挙に送らず、

1週間ほどかけて徐々に送られると、

「騙されない」と思っていたり、

「興味がない」と思っていても

時間を掛けることで『この人(動画の説明者)はスゴイ!』

「次はどうなるのだろう」と思い込ませ

抜け出せなくなるのだそうです。






5.情報商材の“罠、にはまる人

実は「自分は絶対ない」「自分は騙されない」と思っていても、

誰でもこの罠にはまる可能性があります。






情報商材の販売者は最近は必ず

「社会的不安

「将来の不安

「お金の不安」を話題にします。


社会で生きている以上、これらの「不安」は誰であっても関心があることです。




特に年配の方が、

定年後の年金生活の不安、

収入の減少などがすぐ目の前の問題としてあるので

いっきに手を出してしまったケースは急増しています。







年配の方の将来への不安をあおり、

情報商材で活路が見いだせるような甘い言葉で夢を抱かせるのです。








ただ、被害に遭っているのが年配の方に集中しているのかというと

必ずしもそうではありません。


「社会的に成功したい」

「人生で“一発逆転”したい」という欲のある方、

向上心がある方が、

これらの(勧誘)動画を見て舞い上がって購入するケースも多いのです。






このように向上心を持った方が情報商材の罠にはまっているという分析もあります。


いずれにしても、これだけ情報が溢れている中で

誰でもいつでもいろんな勧誘に直面することは決してゼロではないはずです。


ネット上だけではなく、友人や知人からの紹介の場合もあります。


自分は騙されないと思っていても、

いろんな状況や環境でこのような情報商材を勧められたり、

関心を向けることはあるのです、


人間ですから判断力が低下しているときだったり、

心の状況がすんなり受け入れてしまうような場合だってあるかもしれません。



6.まとめ

今日は、情報商材についてお話をしました。


私も魅力的な言葉にまんまと騙されて痛い目に遭った経験があります。


本当にインターネットビジネスには「本物はあるの?」と

不安になりますよね。

「稼げる情報」の大半は驚くほど”詐欺”と呼ばれるものばかりです。





私と同じように、情報に踊らされ、 セールスレターを真に受け、

鵜呑みにし期待して情報購⼊をすると痛い⽬に遭います。



初⼼者の方が情報商材を安⼼して購⼊したり、 学んだりするには、

何より「知識」が必要です。



ネットビジネスがこれだけ普及して

多くの人がネットビジネスの可能性に気が付いているのは確かなことです。


 
しかし、、ほとんどの人が稼げていないのが現実です。
 

稼げないから「詐欺」「騙された」と、

他人のせいにしている人も少なくありません。

 
「手を抜いて簡単に稼げる」ように、紹介している人が多くいるので


錯覚してしまうのかもしれませんね。
 



私のブログでは、ネット上に溢れる商材を詳しく検証しています。

また、豊かな人生を歩むための心持や方法を紹介させていただいています。

今年こそ

大きな富を一緒に掴んでいきましょう。


ご質問やご意見も是非お寄せください。


最後までお読みいただきありがとうございました。