副業成功!炎上は怖い?炎上がチャンス?100万円ゲット!


こんにちは 一如(いちにょ)です。






少し前になるのですが、

東京都町田市の都立町田総合高校で起きた

教師による生徒への暴行現場の動画が

SNSに投稿されて炎上したのを覚えていますか?



『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、教師の暴力動画問題と取り上げ、

学校現場の不信感を煽るような番組構成で、

世の中は教師の人間性を否定し、一方的な一気に学校批判へと世論は向かいました。



そして、校長が「原因は教師にある」と記者会見を開き、

謝罪をしました。






ところが、その後、動画の冒頭に

「Twitterで炎上させるぞ」との声や、

殴られた生徒が「バカじゃないの。その小さい脳みそで考えろ」など

酷い煽りをしていたことが判明して物議を醸しました。


こんな卑劣なことをする高校生を決して許してはいけません。

教えを受けるはずの生徒が、

先生に挑発をして、

陥れる行為・・・。


恐らく普段から手に負えない状況なのだと思います。

家庭のしつけも教育もなっていないのでしょう。

こういう家庭に限って、子供に無関心、

或いは手に負えなくなった我が子を学校に丸投げ、

親自体も常識では考えられないような要求やクレームを

学校に訴えてくるような状況です。


しかし、これまでは手に負えない生徒やクレーマーの保護者に疲弊し、

精神まで壊して学校現場を去っていく教師が急増していました。




現在学校現場では深刻な教師不足です。

教員の採用試験と言えば、

かなりの倍率でなかなか一発合格などできるものではなく、

何年も挑戦してやっとその夢をかなえたという先生も多かったものです。

ところが今、全国の公立高校は採用試験はほとんど倍率もなく

受ければ誰でも合格というような状況です。




そうなれば、学力も人間性もそう高くない人材が集まるのは必至です。


そして、子供たちは家でのしつけもなく、

学校も指導をすれば親からのクレームや生徒の意味不明な反抗に時間を費やされ、

教師の離職率は年々急増、現場では生徒の指導は「当たり障りなく」

完全に生徒と教師はお友達関係になっているのが現状でしょう。






学校に勉強する目的がなく無意味に通学するくらいなら、

働くか自分の専門性を磨く時間に費やした方が絶対いいはずです。

中学までは義務教育ですから、

国の責任として国民に教育を受けさせる必要があると思いますが、

高校に関しては、ある一定以上、

普通以下は高校など行く必要がないのではないでしょうか。

そもそも、なぜ学ぶかもわからず不満ばかり述べ、

挙句の果ては授業では寝ているか、授業妨害のおしゃべりというのでは

時間の浪費です。






辛口になりますが、

汚らしい制服を着崩して、頭が悪いという看板を下げて

電車や町中歩いたり、大声でたむろしている「高校生」は

このコロナ禍でもはや「世間の害」だと誰もが認識したのではないでしょうか。








本当に学ぶ意欲のある知的レベルの高い集団はリモート学習でも

ある水準以上の成果を出しているし、

自発的に学習をしたり、

学校再開後は尚の事授業に熱が入っているということです。


そうなのです。

私はこの「進学校」がいいと言っているわけではないのです。

15歳にもなれば、親だって本人だって自分の向き、不向きなど自覚できるはずです。


中学で勉強に関心が持てない、苦手だと思ったならそれこそ

早い段階で自分を発見できたわけです。

だから、わざわざ苦手分野に進む必要はないのです。




自分は何が得意かわからないし

とりあえずみんなと同じ道に進み

大学は出ないより出たほうが給料とかに差が出るから一応行く

なんていう消極的な理由で

人生を歩むから

生涯、楽しくもなく、充実していると思えるような

満足した生活ができないのです。

私は全ては「15歳」ですべてを決定させると思っています!!!


人を陥(おとし)いれるような行為、

人間を弄(もてあそ)ぶ行為は許せません。


そこで、最初に戻りますが、

この「教師の暴力事件」は

一転して

悪質生徒の挑発事件」として大きな話題となりました。






フジテレビが学校現場を陥れるような「体罰」にフォーカスした

事件として報道したのですが、

最終的には「正義」が勝ったわけです。



さて、私が皆さんにネットビジネスをお勧めしている中で

一押しは「アフィリエイト」と申し上げております。

私自身、ネットビジネスに興味を持って様々なことに挑戦した経験があります。

しかし、ネット上にはそういった初心者の方をターゲットにした

本当に許せない詐欺まがいの商材が溢れています。


今でこそ皆さんに「アフィリエイト」をお勧めできるくらいの

自信と成果がありますが、

そのアフィリエイトも最初は驚くことがたくさんありました。




私のブログでたくさんの方が訪問してくれるような記事が

途中で亡くなっているのにお気づきですか?

そうなんです。

怪しい商材を売りつけている怪しい方は、


悪い評価や悪い記事をとことん追及し、

必死になってこのネット上から削除しています。

それは、もはや「脅し」レベルの方法です。


また、お金を払って「良い口コミ」を投稿したり、

商品の良し悪し以前の問題なのです。



アフィリエイトをする上でとにかく自分が発信した内容を

見ていた抱かなければ話になりません。

そこで「炎上」というのも一つの戦略になるのはまちがいありません。


炎上には

1.自分の書いた記事が批判されて話題になる

2.他者とのバトル

の2種類があります。




1の自分が書いた記事が読者の感情を刺激して、

批判が集まるのです。

意図していなかった時にこの炎上が起こるということはあるのでしょうか。

ブログを書くなど情報を発信するということは

自分で閃絡を練って、

どんな読み手にどんなメッセージを送るかなど十分に考慮しています。

ですから、ホリエモンなどは

本当に絶妙に人間の負の感情を刺激し、逆なでして

いちいち話題となりそれが彼の爆益のつながっています。


しかし、生徒の教師煽り事件ではありませんが、

この世の中、

全員が同じ感情になるはずはないのです。




バッシングされ、発信した方は「弱っている」と考えるのは大間違いで、

マイナスな炎上も実はマイナスだけではなく、

全員が批判しているので半句、その中にも必ず肯定派がいるのです。


このような肯定派は、熱烈に支持してくれる傾向が強く、

ファン化することが多いのです。


また、炎上をしたことにより、

「今までファンでしたが、ショックです」などというコメントを見かけます。


これもまた印象操作で作られている物だったりします。



次に2つ目の他者とのバトルですが、

喧嘩の状況を読者が客観的立場で見るというものです。

これは、

実は自然にこのような場合になる場合と、

多くは意図的な操作が行われています。

テレビで芸能人が対決していたり、仲が悪いという構図になっていたりしますが、

全て台本があります。




出演者を決める際には綿密にマネージャーに依頼して、交渉、

そして台本をチェックして、立ち位置、カメラのアングル全て計算されて

番組は構成されているわけです。

ですから、勝手にバトルしてるなんてあり得ません。


いろんな裏話が見えてくると

怖いものなど無くなってきませんか?


アフィリエイトで大きく稼ぎたいというのであれば、

時にはこの炎上テクニックを使うのも戦略の一つです。



この手法を使い、短期間で100万円という数字をはじき出すこともできますし、



炎上という手法を使うことにより、

知名度が伸びてきます。


ただし、炎上の真っ最中はいわゆるバッシングが大変かもしれませんが

読者がいなければ、何も始まりません。

炎上も一つの戦略であることはお判りいただけたと思いますが、

やみくもに実践したり無計画にやるのは厳禁です。

どんな場合にも対応できるように調査をしっかりして

知識を身につけて発信してください。




私のブログでは、ネット上に溢れる商材を詳しく検証しています。

また、豊かな人生を歩むための心持について紹介させていただいてます。


是非ブックマークして参考にしてください。

またご質問やご意見もお寄せください。



最後までお読みいただき、ありがとうございました。