副業詐欺 ラッキーチャンス7 稼げない! 誇大広告に騙されないで!

こんにちは 一如(いちにょ)です。

先週は、




東京五輪・パラリンピック大会組織委員会森喜朗会長の

女性差別発言が、波紋を呼びました。


国内はもちろん海外のメディアもこの森喜朗氏の発言に

注目し批判しています。






コロナ渦でオリンピックの開催が懸念される中、

こうした失言は、森氏1人にとどまらない問題です。




森氏の失言とは今に始まった音ではありませんが、

国際社会を含め四方八方から、

「辞めろコール」が噴出しています。






そして4日に行われた逆ギレ釈明会見。


世界でも注目されることとなった



この森氏の失言にはどんな問題があるのでしょうか。





1つは、女性への差別的な発言を

大会のトップの森氏自らがオフィシャルな場でしたことです。




性差別はオリンピック憲章にも違反しているので、

これが大問題であることは世界中が指摘するところなのです。






2つ目は、


「会議が長い」「わきまえている」発言に、

異論を許さない上下関係への意識が隠されているということです。



誰も森氏に物申せぬ状況になっていることや、

自分がトップを務める大会組織委員会の女性を評した

「わきまえている」という言葉は大問題です。





 
「わきまえている」という言葉は、

まさに「男性優位主義」が露呈されています。


簡単に言えば、

女は黙ってろ!

会議に入るならでしゃばるな!

立場をわきまえて発言しろ!

というマウントだということです。




大会トップの性差別発言に、

誰も反論せず、笑いが起きたのは、

大会組織委にもJOCにも、性差別を容認する風土があるのでしょう。


もはや、森氏個人の問題ではなく、組織の問題、

日本の問題にもなっています。

来週もニュースに注目していきましょう。



さて今日は、



「ラッキーチャンス7」という

スマホで取り組める副業案件について検証していきます。




目次

1.「ラッキーチャンス7」内容

(1)LPより

(2)ビジネスモデル



2.「ラッキーチャンス7」概要

(1)特商法

(2)口コミ・評判



3.「ラッキーチャンス7」まとめ







1.「ラッキーチャンス7」内容

(1)LPより


毎日70,000円の副収入を確定させる爆益アプリです。

なんと、ダウンロードするだけで安定的な資産を構築できるのです。

こんな夢のようなシステムが、

期間限定で700名に無料ダウンロード出来るそうです。







期待を煽るような誇大広告で目を引きますが、

「ラッキーチャンス7」はいったいどのようにして

収益を作り出すのでしょうか?

ランディングページからでは、

「ラッキーチャンス7」の内容や仕組みについては一切情報がありません。

登録しなければその詳細はわからないようですね。



毎日70,000円の副収入を確定させる爆益アプリ!!!

年収にすると、2,520蔓延を完全サポート!!!

働かずにお金が増えるとありますが、

コロナ渦で失業や大幅な収入減少で

生活ができなくなって国から支援してもらっている方が大勢いたり、

路頭に迷って命さえ自ら絶っているようなことが起きているのに・・・。













この言葉を鵜呑みにして、

焦って登録するのは危険です。

どのようにして毎日70,000円もの大金が手に入るのか

しっかり理解したうえで登録を検討しましょう。



(2)ビジネスモデル


実際にラッキーチャンス7のランディングページから登録すると

どうなるのか検証していきましょう。



*登録する時点で個人情報を相手に渡すことになりますので、

皆さんは安易に近づいてはいけません。


特に、詳細を伝えないまま登録へ促している案件は、

怪しさ満載ですので注意が必要です。




まずはランディングページに書いていた内容通りに、

登録ボタンを押してLINEアカウントを登録します。




LINEアカウントは「ラッキーチャンス7」という名前です。

このLINEアカウントを友だち追加すると、

すぐにメッセージが送られてきます。


毎日70,000円を稼ぐ為の4つのお願いとして、



・ラッキーチャンス7のメインプロデューサーである光浦真希さんの友達追加

・ボーナス特典を配信するラッキーチャンス7‐Power‐の登録(友達追加)


・ラッキーチャンス7特別管理局へのメールアドレス登録

・ラッキーチャンス7のピン留め



というのがあります。



それを行うだけで

毎日70,000円の受け取は約束されたようなもの、とされています。



しかしここでも「ラッキーチャンス7」がどうやって稼ぐのか、

肝心なビジネスモデルには一切触れられていません。
 

アプリやツールをダウンロードすることも無く、

各アカウントを追加・登録後には、


追加した各アカウントから30分〜1時間おきに、

ひっきりなしに副業情報が送られてきました。





登録した人に悪質オファーを次々と送り付け、

悪質オファーに登録させ、

アフィリエイト報酬を得るのが目的の「オプトインアフィリエイト」

オファーで、悪質な副業や詐欺紛いの投資ビジネスを

勧められる可能性が非常に高いのでかなり危険です。




オプトインアフィリエイトとは、

簡単に言うと「無料の案件」を紹介し、

メルマガの登録で稼ぐ「アフィリエイト」のことです。



無料オファーを紹介して、

メールアドレスの登録があった場合、

報酬が支払われるような仕組みです。


だから時間制限や大きな利益が得られるような誘い文句で

LINEやメールの登録を促すのです。


登録を促すだけの虚偽の企画だったようですね。



2.「ラッキーチャンス7」概要

(1)特商法



特商法を見ていきましょう。





特定商取引法というのは、




特商法は事業者による違法・悪質な勧誘行為等から、

消費者を守ることを目的とする法律です。




特商法の記載内容に漏れがあった場合は、


消費者を守るつもりがないということになります。



具体的には、


• トラブルがあっても連絡ができなくなる

• 金銭や個人情報を渡していても取り返すのは

極めて困難


となる危険性があります。


また、特商法に書かれている内容と、キャッチコピーと

異なっていた場合は、この法律のほうが有効です。




つまり、誇大広告の言葉に魅せられて、それを鵜呑みにしたら

とてもとても危険ということです。


~~~~~~~~~~~

「ラッキーチャンス7」には、



特商法がありませんでした
!!!!



~~~~~~~~~~~~






(2)口コミ・評判


ラッキーチャンス7に関する口コミや評判は見当たりません。




しかし、注意喚起をする記事はいくつかありました。

つまり、ラッキーチャンス7自体は

お金を騙し取られるようなものではありません。





ラッキーチャンス7の誇大広告につられて、

紹介された悪質オファーが、

詐欺だったり、稼げないものなのです。






3.「ラッキーチャンス7」まとめ


特商法も無く、

全く実体のないラッキーチャンス7でした。


ラッキーチャンス7は、

悪質オファーを紹介するだけで、

実際に何かの情報商材やシステムを販売している訳ではありません。

運営元の実態も全く分からないので、

警戒が必要です。





このビジネスの実態がつかめません。

そのような怪しい話に参加するのは危険です。

ネット上では、「ネットで稼ぎたい」と思っている

初心者を相手に稼げそうな謳い文句で興味を持たせ、

期待を煽り、お金を巻き上げるような

腹立たしい案件が溢れかえっています。



・誰でも簡単に

・初期費用ゼロ

・リスクゼロ

・日給○○万円、億万長者になれる

なんていう副業がたくさん紹介されています。



でもそんなうまい話があるわけありません。

副業に関心を持ってもいったい何をすればいいのか

わからないという人はたくさんいます。

私もそうでしたが、ネットで副業案件について検索、


まるで星の数ほどありそうな副業案件に驚きます。




私も魅力的な言葉にまんまと騙されて痛い目に遭った経験があります。


本当にインターネットビジネスには「本物はあるの?」と

不安になりますよね。

「稼げる情報」の大半は驚くほど”詐欺”と呼ばれるものばかりです。


私と同じように、情報に踊らされ、 セールスレターを真に受け、

鵜呑みにし期待して情報購⼊をすると痛い⽬に遭います。



初⼼者の方が情報商材を安⼼して購⼊したり、 学んだりするには、

何より「知識」が必要です。



ネットビジネスがこれだけ普及して

多くの人がネットビジネスの可能性に気が付いているのは確かなことです。


 
しかし、、ほとんどの人が稼げていないのが現実です。
 

稼げないから「詐欺」「騙された」と、

他人のせいにしている人も少なくありません。

 
「手を抜いて簡単に稼げる」ように、紹介している人が多くいるので


錯覚してしまうのかもしれませんね。
 



私のブログでは、ネット上に溢れる商材を詳しく検証しています。

また、豊かな人生を歩むための心持や方法を紹介させていただいています。

今年こそ

大きな富を一緒に掴んでいきましょう。


ご質問やご意見も是非お寄せください。


最後までお読みいただきありがとうございました。