ネットワークビジネスMLMで稼ぐ夢を見てはいけない!

こんにちは 一如(いちにょ)です。

皆さんご機嫌いかがですか。

4月になりましたね。

コロナで行動が制限されてストレスが溜まると言っている方もいますが、

私はこの一年凄く時間が有効に使えたのと、

過ぎてしまったら早かったと感じています。


ゴーツ―キャンペーンを利用して北海道に行ったり、

普段なら混雑している軽井沢も今年は3泊4日を3回もいってしまいました♪



今日から新年度ですが、本業のサラリーマンも頑張りましょうね。

さて今日は、

ネットワークビジネスMLM(マルチ商法)について検証します。

コロナ禍で稼げるという甘い言葉での勧誘がかなり激しくなっているようです。

旨い話に飛びついて夢を持ってしまっている人も多いようですので、

是非お読みいただき参考にしてください。



目 次

1.ネットワークビジネスMLM(マルチ商法)とは?



2.ネットワークビジネスMLM(マルチ商法)は違法ではない!


3.ネットワークビジネスMLMで稼ぐ夢を見てはいけない!




1.ネットワークビジネスMLM(マルチ商法)とは?


MLMというのはマルチレベルマーケティングの略語です。

日本ではネットワークビジネスとも呼ばれています。

マルチ商法の基本は物を販売するのですが、

他の物販とどこが違うのかというと、

店舗販売の形式をとっていないところが多いことです。

そして「口コミ」で広めていくのです。



マルチ商法の仕組み
• まず商品(権利)があり入会すると販売できる
• 入会金、月会費がかかる
• 商品を売れば儲けられる(はず)
• 勧誘した人が入会したら、お金をもらえる。
• 勧誘した人が、さらに勧誘してもお金がもらえる
• 勧誘した人が商品を販売してお金をもらえる

マルチ商法の組織は、はじめにやった人ほど得するシステムになっています。


トップを頂点としたピラミッド型のシステムで運営されているところが多く、

下位の会員になるほど人数が多くなります。


新規の会員を獲得したり、商品を販売した時に、

会員は報酬が得られ、その報酬の一部が

自分の上位の会員に分配されることになります。




人を紹介すればするほど連鎖的に紹介して

入会金を受け取れる仕組みになっています。




自分のクラスが上位になればなるほど、

下位の会員からの売り上げが多く手に入るようになるので、

マルチ商法へ参加した人の多くが、

たくさんの新規会員の獲得や、商品の販売を目指し、


それが参加者のモチベーションに繋がっています。


インターネットの普及より前から、

マルチ商法は店舗を持たずに販売員の口コミだけで

業績を伸ばしているところが多いです。






2.ネットワークビジネスMLM(マルチ商法)は違法ではない!


マルチ商法は法律用語では、連鎖販売と呼ばれています。

マルチ商法とネズミ講がよく混同されますが、

ねずみ講は無限連鎖販売と呼ばれて法律で禁止されている違法行為です。


マルチ商法とねずみ講は、

どちらもピラミッド型の組織で構成されており、

上位の会員ほど報酬が大きくなるシステムが同じです。

しかし、大きな違いは、ネズミ講は会員登録を増やし、

会員からお金を取ることで資金を増やすことを目的にしているのに対し、

マルチ商法は商品を販売するための組織形成が目的となっています。

わかりやすく言うと、商品を販売しているのがマルチ商法、

商品の販売を行っていないものがネズミ講です。



日本で有名なMLM企業は?


日本でも昔からMLMの手法で業績を伸ばした企業が多くあります。

最も有名なのは日本アムウェイです。

マルチ商法の代名詞となっている企業です。

日本アムウェイは洗剤などの生活用品を会員に購入させ、

業績を伸ばしています。


2019年の日本でのMLM企業のベスト5




資本金 売り上げ金額
1.日本アムウェイ 50億円 1010億円
2.三基商事 6000万円 550億円
3.フォーデイズ 4500万円 424億円
4.ノエビア 73億円 305億円
5.ニュースキンジャパン 17億6000万円 300億円


貼り付け元

3.ネットワークビジネスMLMで稼ぐ夢を見てはいけない!

これだけ多くの企業が日本でも業績を上げているのであれば

マルチ商法に参加したら稼げるのではないかと夢を見てしまいます。

しかし、ネットワークビジネスのデメリットは、

後から参入した人は稼ぐのが難しいのです。

売り上げがランキング上位であっても、参加している人が多ければ、

すでにMLMに興味がある人の多くが参加してしまっているでしょう。

マルチ商法でありがちなのは、「この会に入らない?」と

友達や知り合いに片っ端から声をかけていき、

友達を失っていくというパターンはよく聞きます。

そして、勧誘したところであまり入る人はいないので、

そんなに簡単な話ではないんです。

最初のうちは友達や親族に頼ることが可能でも、

永続的に会員を獲得する事ができなければ必ず収入は頭打ちになってしまいます。


大部分の人は利益が出ずに損失を出しているのが現状です。

必死に集客したところで、せいぜい2~3人集められたらいいところです。

つまり稼げるビジネスではありません。




最近、アンビットという

電力自由化で、電力を安く供給するという案件を何回か誘われたので、

皆さんも注意してくださいね。




私のブログでは、ネット上に溢れる商材を詳しく検証しています。

また、豊かな人生を歩むための心持や方法を紹介させていただいています。

今年こそ

大きな富を一緒に掴んでいきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。


是非、ブックマークして参考にしてください。